WhatsApp、期限までに新たなプライバシールールに同意しなければ機能が制限

WhatsApp、期限までに新たなプライバシールールに同意しなければ機能が制限

  • iPhone Mania
  • 更新日:2021/02/22
No image

Facebookが運営するメッセージアプリWhatsAppは、5月15日までに新たなプライバシー管理条件に同意しなければ、機能が一部制限されることを明らかにしました。

他のメッセージアプリへのユーザー流出が続くWhatsApp

WhatsAppの新たなプライバシールールは、WhatsAppを利用する事業者とそのユーザーに関するもので、一般ユーザーには直接関係ないとされていますが、運営会社のFacebookにセンシティブなデータが引き渡されるとの噂が拡がり、大量のユーザー離れにつながりました。

WhatsAppは、Instagramのストーリー機能に相当する「ステータス」機能を使って、ユーザーにチャットのプライバシーが保護されることを強調するなど、様々な策を講じてきましたが、それでもよりプライバシー性能が高いとされる他のメッセージアプリへのユーザー流出は続いているようです。

メッセージを読んだり送ったりすることができなくなる

WhatsAppは今回、ユーザーが新たなプライバシールールに期限までに同意しない場合いったい何が起こるのかをTechCrunchに対して明らかにしました。

条件への同意が行われない場合、ユーザーは短期間は電話や通知を受け取れるとのことですが、メッセージを読んだり送ったりすることはできなくなるとのことです。WhatsAppが言うところの短期間とは、数週間にあたるとされています。

なお、5月15日を過ぎた場合でも新プライバシー管理条件への同意は可能とされています。5月15日まで、AndroidとiPhoneユーザーはアカウント履歴およびアカウント情報の報告書のダウンロードが可能です。

Source:TechCrunchviaMacRumors
Photo:WhatsApp
(lexi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加