吉柳咲良が主演ミュージカル「ピーター・パン」卒業へ 演出家の「初代の郁恵さんを超えろ!」に発奮

吉柳咲良が主演ミュージカル「ピーター・パン」卒業へ 演出家の「初代の郁恵さんを超えろ!」に発奮

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/06/23
No image

記者会見で話す吉柳咲良

女優、吉柳咲良(きりゅう・さくら、18)が23日、東京・京王プラザホテルで行われた主演ミュージカル「ピーター・パン」(演出・森新太郎)の製作発表に出席した。

初代の榊原郁恵(63)から数えて10代目の吉柳は、5度目となる今公演で卒業することを発表。中学1年だった13歳から演じているが、「18歳の今の方が純粋に子供を演じられて楽しい。13歳の頃は本当に子供だったので、子供らしく演じることが分からなかった」と感慨深げ。

自身の初演から振り返り、「一番つらかったのは昨年。2020年がコロナ禍で中止になり、演出が森さんになり一変した。今まで作り上げてきたものが覆されて…」と、より自由奔放さを求められたピーター・パン像に戸惑いもあったという。隣で森氏は「生き生きとして無邪気で心奪われた初代の郁恵さんを目指せと言ってきました。今年は郁恵さんを超えろと言いたい」と発破をかけた。

その言葉に吉柳は「最後という感じはしていないですが、集大成にしたい。確実に成長した姿を見てもらえるよう頑張ります」と力を込めた。

ウエンディ役でAKB48の岡部麟(25)が初参加する。7月23日~8月2日に東京国際フォーラム、同13、14日に大阪・梅田芸術劇場で上演。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加