大日本印刷とサイバーエージェントがエレベーター業界のデジタル広告事業で業務提携

大日本印刷とサイバーエージェントがエレベーター業界のデジタル広告事業で業務提携

  • Web担当者Forum
  • 更新日:2021/10/15

エレベーター内サイネージでインプレッション重視の広告配信、センシング機能で測定

大日本印刷(DNP)とインターネット広告事業のサイバーエージェントは、エレベーター業界でのデジタル広告事業の創出で業務提携した、と10月13日に発表した。提携第1弾として、DNPのデジタルサイネージ(電子看板)配信管理システム「SmartSignage(スマートサイネージ)」とサイバーエージェントの広告配信システムを連動して、DNPと東芝エレベータが展開するエレベーター内サイネージで10月から広告の提供を始める。

No image

広告主がターゲットにした生活者に対する表示回数(インプレッション)を重視した広告配信をして、広告を届けたいターゲットが利用するエレベーターに最適な広告を配信する。サイネージはセンサー付きカメラを備え、個人を特定せずに広告を見ている人の属性や状況を把握するセンシング機能があるので、これらのデータの蓄積や分析を広告の効果測定や広告主へのフィードバックに生かし、より高い広告効果を実現する。

No image

約3万社の顧客企業と販促関連事業を展開するDNPと、多くの企業のインターネット広告を担うサイバーエージェントの強みを生かし、全国で大規模な広告企画を展開する大手企業や地域の地元企業に広告商品を提供する。国内サイネージ広告市場は2020年見込みの525億円から2026年には1400億円に伸びると予測され、特にエレベーター内サイネージは注視率が高く、設置箇所や利用者属性に応じた配信で高い広告効果が期待されている。

この記事の筆者

フリーランス記者・編集者。インプレス「Web担当者Forum」ニュース担当。「ASCII STARTUP」でも執筆。東洋経済新報社「会社四季報」センター記者。毎日新聞社で電機メーカーや通信業界、東証、総務・経産・国交省など取材し、ニュースサイトの編集10年を経て2019年9月退社し独立。twitter:@nobochan

小島昇(Web担編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加