西武中村剛也が2年ぶり1試合2発の「おかわり弾」で最下位転落を阻止

西武中村剛也が2年ぶり1試合2発の「おかわり弾」で最下位転落を阻止

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/10/14
No image

日本ハム対西武 6回表西武無死二塁、左越え2点本塁打を放つ中村(撮影・黒川智章)

<日本ハム0-3西武>◇14日◇札幌ドーム

プロ20年目の西武中村剛也内野手が、2年ぶり42度目の1試合2発で最下位転落を阻止した。

6回無死二塁でカウント2-0から16号先制2ラン。8回にも左中間へ17号ソロを放ち、19年8月以来の「おかわり弾」で負ければ6位転落の危機を救った。通算441本で長嶋茂雄の歴代14位444本にあと3本とし「そういう記録に近づけるというのはすごく光栄なので頑張っていきたい」と見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加