★韓国の常備菜ミッパンチャン。豚カルビ デジカルビ★

★韓国の常備菜ミッパンチャン。豚カルビ デジカルビ★

  • 暮らしニスタ
  • 更新日:2021/10/14
No image

★韓国の常備菜ミッパンチャン。豚カルビ デジカルビ★

▼材料

・ 豚バラ薄切り肉:200グラム

・ 豚肩ロース薄切り肉:200グラム

・ A【すりおろし玉ねぎ:3分の1個分

・ チューブにんにく:小さじ2

・ チューブ生姜:小さじ1

・ 醤油:大さじ3

・ 水あめ:大さじ3

・ ごま油:大さじ1

・ みりん:大さじ1

・ コチュジャン】:大さじ1.5

・ 長ネギ:1本

作り方

1.豚肉は広げてバラは3~4等分、ロースは2~3等分に切りAと

ポリ袋などに入れよく揉み込んで1日おく(半日でもいいですが、出来れば1日おいてください)

2.長ネギの白い部分は小口切り、青い部分は斜め薄切りにして分けておく

3.フライパンに油を引かずに熱し汁を切って肉を入れしっかりほぐしながら炒める

4.水分が多く出てくるのでぐしゃっとしたキッチンペーパーを入れ菜箸で

水分を吸う

(なるべく水分を吸い取ってください)

5.お好みの葉野菜と盛りつけて完成

(骨付き豚肉(スペアリブ)を使うときは豚肉をフォークで全体を刺し、

ところどころに切り込みを入れてからタレに漬け込む。)

今回は手軽に豚バラ肉と豚肩ロース肉のミックスで作りました。

デジカルビとは豚カルビのことです。本場では豚あばら肉を骨付きのまま使います。

サムギョプサルはやや硬いイメージですが、デジカルビは醤油ベースのタレにしっかり漬け込んで柔らかい。

牛カルビより安価なので気軽に食べれるのも特徴です。

デジカルビが注目された頃骨付き豚(あばら肉)の取引は安価で庶民や労働者対象で、

飲み屋で広がりました。

当時のまま営業を続けてる店が並ぶソウルの麻浦(マポ)の一角は麻浦デジカルビ横丁と

呼ばれ、美味しい豚カルビ専門店集まってます。

釜山(プサン)にも草梁(チョリャン)デジカルビ通りがあり名物になってますよ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加