高校生5人、公園の遊具などに接着剤をまいた疑い

高校生5人、公園の遊具などに接着剤をまいた疑い

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/04/07
No image

動画を見る(元記事へ)

東京・稲城市の公園で遊具などに接着剤がまかれて使用できなくなった事件で、警視庁は高校生の少年5人を逮捕しました。

稲城市に住む高校2年の少年(16)ら5人は3月7日、稲城市にある吉方公園の滑り台などの遊具やトイレに接着剤をまいて壊した疑いが持たれています。

警視庁によりますと、少年5人は犯行の前に近くの住宅建築現場に侵入していて、そこで盗んだ接着剤をまいたということです。

この被害で公園は22日間にわたって使用できなくなりました。

取り調べに対し、少年4人は「面白いと思った」などと容疑を認め、1人は一部を否認しています。

近くの公園2カ所でも同様の被害があり、警視庁は余罪を調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加