ナイキ エア マックスがやっぱりイイ! 90年代に生まれた名作の最新モデルが買い!

ナイキ エア マックスがやっぱりイイ! 90年代に生まれた名作の最新モデルが買い!

  • FINEBOYS Online
  • 更新日:2021/10/29

スニーカーブームの火付け役とも言えるナイキ エア マックスシリーズ。誕生から30年以上経つ今も、世界中で愛され続けているのはご存知の通り。中でも人気なのが90年代に発売されたモデルたちは、定番シューズとして市民権を得ながら、新作、限定、復刻モデルが登場するたびに、完売、プレ値がつくほどの人気ぶり。ここでは90年代に生まれたエア マックスシリーズの最新作をご紹介!  当時の意匠はそのままに、現代ならではのディテールを取り入れたスニーカーがラインナップ。売り切れてしまう前に、今すぐチェックしておこう!

No image

「ナイキのスニーカーといえばエア マックス」が浮かんでくると言っても過言ではないほど、長きに渡って愛されてきたナイキ エア マックスシリーズ。中でも、90年代に誕生したモデルは、現在もなお名作として絶大な信頼と人気を集めている。ということで、ここでは90年代に誕生した名作モデルたちの最新モデルをご紹介。過去も今も愛され続ける不朽の名作は、1足持っておけば重宝すること間違いなし!

NIKE AIR MAX 90

No image
No image

ナイキ屈指の名作であるナイキ エア マックス 90。1990年代に発売され、エア マックスシリーズの中でも定番モデルであるのはご存知の通り。細身で分厚すぎないミッドソールが作り出す、スマートなシルエットが特徴でどんなスタイリングにも合わせやすい1足。そんなエア マックス 90シリーズの最新作がこちら! レザーとメッシュをアッパーに採用。スタイリングに合わせやすい黒をベースに、鮮やかなイエローとオレンジをアクセントに使うことで足元が華やかな印象へシフト。ナイキ スポーツウェアのシューズ1万3200円(ナイキ カスタマーサービス)

No image

ヒールにはエア マックス 90シリーズおなじみのロゴが。 AIRの部分はイエローを採用し、後ろ姿にもさりげないアクセントを付与。ソールの大胆なカラーが足元でシューズの存在感を強調する。

No image

メッシュ素材と黒のレザーを組み合わせることで、アクティブな顔つきながら上品さも感じさせる1足に。ストリートスタイルはもちろん、タウンユースにもうってつけのデザインがうれしい。

NIKE AIR MAX 95 SE

No image
No image

1995年に誕生し、スニーカーブームの火付け役となったナイキ エア マックス 95。当時発売されたエアマックス95、通称”イエローグラデ”の登場は、今ではおなじみのハイテクスニーカーという言葉が定着したり、”エアマックス狩り”という社会現象が起こるほど衝撃をあたえた。そんな、エア マックス 95シリーズも、毎年アップデートされ今も進化し続けている。こちらのモデルはナイロンとスエードのコンビアッパーで、これからの季節にぴったりの素材使いが特徴。オフホワイトで、カットオフのシュータンがレトロな雰囲気を演出。落ち着いたシンプルな配色で、合わせるアイテムを選ばず普段使いしやすい1足。ナイキ スポーツウェアのシューズ1万8700円(ナイキ カスタマーサービス)

No image

ヒールロゴにはシンプルに文字ロゴを配したぶん、サイドのタグ裏にスウッシュをオン。チラリと顔を見せるスウッシュが粋なデザイン。

No image

ナイロンとスエードのコンビアッパーが温かみのある表情を作りだす。濃紺の靴ひもを通すループを含め、ブルーベースでグラデーションを表現。

NIKE AIR MAX 96 Ⅱ

No image
No image

ハイテクスニーカーブーム全盛に誕生したナイキ エア マックス 96 Ⅱの復刻版。かつて登場した復刻モデルとは異なり、今作はシュータンやアウトソールのロゴなど、当時のディテールを忠実に再現した。今作は、アッパーに耐水性のリップストップを使用したウィンター仕様となっているのが特徴。大型のエアユニットを搭載し快適な履き心地。グレーベースの配色はスタイリング全体を品よくまとめてくれる。ナイキ スポーツウェアのシューズ1万9250円(ナイキ カスタマーサービス)

No image

ヒール部分と同色で配したMAXのロゴや控えめに施したスウッシュなど洗練されたデザインは、どんな着こなしとも相性抜群。

No image

耐水性のリップストップを使用し機能性を向上。現代テクノロジーを搭載し、洗練されたクラシックなデザインが大人な足元を演出する。

NIKE AIR MAX 97

No image
No image

その名の通り1997年に登場し、新幹線をモチーフにした近未来的なアッパーデザインで、通称「サイバーマックス」と言われるナイキ エア マックス 97。前述した3つのモデルではエアユニットが小さく分かれて搭載されていたのに対して、こちらは当時、史上初となるフルレングスでエアユニットを搭載したことで話題を呼んだ。こちらもエア マックス 96Ⅱと同様に、耐水性のリップストップ使用。昔ながらのクラシックなデザインに、テクノロジーで現代のエッセンスを投入したハイブリットな1足。ナイキ スポーツウェアのシューズ1万9800円(ナイキ カスタマーサービス)

No image

アウトソール全体に搭載されたエアユニットが存在感を放つ。アウトソール上部に施された小柄のスウッシュが、絶妙なアクセントとして活躍。

No image

ブラックとグレーのシンプルな配色で仕上げることで、洗練された大人の足元にマッチ。スラックスなどのキレイめアイテムとも相性抜群。

INFORMATION

ナイキ カスタマーサービス
☎0120-6453-77

FINEBOYS Online 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加