オムロン値段お高め腕時計型の血圧計「Heart Guide」を試した

オムロン値段お高め腕時計型の血圧計「Heart Guide」を試した

  • ASCII.jp
  • 更新日:2020/09/15
No image

オムロンのウェアラブル血圧計「Heart Guide」(HCR-6900T-M)

オムロンヘルスヘアが「Heart Guide」という腕時計型の血圧計を販売しているのはご存知ですか? まず、2018年12月にアメリカで発売され、日本では医療機器としての認証を取得してから2019年12月に発売されました。いつでも手軽に血圧を測れるという画期的なアイテムですが、価格は7万9800円(税別)。家庭用の一般的な血圧計が3台も4台も買えるお値段です。

No image

ウェアラブル血圧計「Heart Guide」の同梱品一式。右下の紙は手首のサイズを確認するためのメジャー

血圧を測る習慣がある人にとっては、俄然気になるであろう、このウェアラブル血圧計。オムロンヘルスケアさんから「試してみませんか」と貸してもらうことができました。実際の使用感や生活に与える影響などについて、これから3回にわたってレポートしていきたいと思います。

No image

カフにある充電ポートをクリップで挟むようにして充電する。満充電で2日間使用できる

「Heart Guide」との出会いはラスベガス

まず、筆者がなぜ血圧計を必要とするのか、ということを話しておきましょう。昨年受けた健康診断で冠動脈疾患が見つかり、以降、塩分やコレステロール量に注意した食事を心がける必要が生じ、医師から血圧を測るようにも指導されています。その疾患自体は、血管に「ステント」という小さな金属の管を入れる手術を行い、無事に成功。現在は、血液をサラサラにする薬などは飲んでいますが、普通の生活を営めるほどに回復しました。

筆者はオムロンの「HCR-750AT」という血圧計を使っているのですが、あるウェブメディアに寄稿した記事から、それを知ったオムロン ヘルスケアの広報さんから連絡をいただいたわけです。「よかったら、Heart Guideも試してみませんか」と。その方は「Heart Guide」が2019年のCESに出展されていた際に、取材でお世話になった方でした。その際は、自分の日常生活に血圧計が必要になるとは思っていなかったので、いや〜、いつ何が起こるかはわからないものですね。みなさんも健康診断は忘れずに受診してくださいね。

No image

筆者が普段使っている上腕式血圧計「HCR-750AT」。価格は1万5800円(税別)だった

腕に巻きっぱなしでも違和感がないサイズ感

家庭用の血圧計は「上腕式」と「手首式」に大別できます。「上腕式」は文字通り、上腕を圧迫して血圧を測定するタイプです。病院やスポーツジムなどには、腕を通すだけでOKの全自動タイプが設置されていますが、家庭用は自分でカフ(腕帯)を巻くタイプが主流です。もうひとつの「手首式」は、手首に巻いて測定するタイプで、コンパクトで持ち運びに適していることが特徴です。

筆者は普段使っている「HCR-750AT」は上腕式です。ベッドルームのあるテーブルに置いていて、朝起きた時と就寝前に測定しています。Bluetoothを搭載しているモデルなので、測定結果は「OMRON connect」というアプリで管理できます。

No image

腕時計として違和感のない大きさ

「Heart Guide」は、ぱっと見では血圧計には見えません。やや大きめのメンズの腕時計といったおもむきです。ケースは約48mmで、ベルト幅は約30mmなので、大きめとはいえ、腕に巻きっぱなしでも違和感がないサイズ感です。ただし、ベルトの内側にカフがあるので、腕に巻くと、厚みというかボリューム感は出ます。ですが、質量は約115gで、見た目の印象よりは軽いです。

No image

ただし、ベルトにはボリューム感がある

上腕式血圧計と測定結果を比べてみると……

一般的な血圧計と同じように、正しい測定結果を得るためには、正しい姿勢でリラックスして、できるだけ動かずに測定する必要があります。

No image

側面のボタンは、上の2時位置から「測定/停止」「進む」「ホーム」。「測定/停止」を押してから5秒ほどで測定が始まる

「Heart Guide」の測定方法はちょっと変わっていて、椅子に座って、側面の「測定/停止」ボタンを押してから、「Heart Guide」を着けた左腕を心臓の高さに合わせて、体から5〜6cmほど離します。右手で左肘を支えることで安定させられます。ブルっと振動すると測定が始まり、終わった時も振動でわかります。

No image

椅子に座って、背もたれに背を当ててリラックスし、「Heart Guide」が胸の5〜6cm前に来るように固定して測定する

測定にかかる時間は1分弱。最初に手首を軽く圧迫されて、すぐに緩み、続いて、ゆっくりと締め付けられる感じです。筆者が普段使っている上腕式の血圧計では45秒程度で計測できるので、「Heart Guide」のほうが若干時間を要するようです。

ですが、Heart Guideは常に腕に巻いておくことができ、座れる場所ならばどこでも測定できるので、非常に手軽。朝と夜だけでなく、1日の間に数回測定して、血圧や脈拍の変動を調べることもできます。

新しい技術ということもあり、測定結果の精度が気になっていたのですが、上腕式での測定結果との差は、上下どちらも±5程度。なので、かなり精度は高いと思われます。医療機器としての測定精度を実現するために、50以上の新しい特許を取っているそうなので、そこは信用すべきでしょう。なお、正しい姿勢ではなかったり、身体が動いたりした場合は、「再測定をおすすめします」といった表示が出ます。

No image

測定結果は「HeartAdvisor」アプリに転送される。筆者はiPhoneとペアリングしているが、Androidのスマホでも利用可能

No image

「Heart Guide」が記録した活動量なども自動で記録される

測定結果は「HeartAdvisor」アプリに自動送信

測定結果は、あらかじめペアリングした「HeartAdvisor」アプリを開くと、自動で転送されます。

筆者が使っている上腕式の血圧計など、オムロンのヘルスケア製品は「OMRON connect」というスマホアプリでデータを管理できるものが多いのですが、「Heart Guide」は「OMRON connect」には対応せず、「HeartAdvisor」という専用アプリで管理します。「HeartAdvisor」は、ただデータを記録するだけでなく、蓄積されたデータを解析して、アドバイスが表示されることが特徴。「Heart Guide」は血圧だけでなく、活動量や睡眠時間なども測定できますが、それらもまとめて記録できます。また、従来の「OMRON connect」やiPhoneの「ヘルスケア」アプリと連携させることもできます。

No image

測定結果に基づくアドバイスが毎日表示される

No image

「OMRON connect」のデータを読み込めるので、オムロンの他のヘルスヘア製品での測定結果もまとめて管理できる

もちろん常に現在時刻を表示し、ペアリングしたスマートフォンの電話着信やメッセージ受信を通知する機能もあります。つまり、スマートウォッチとして使うこともできるわけです。ずっと着けっぱなしで使うのはアリなのか? さらに健康への意識が高まルのか? 次回のレポートをご期待ください。

※この記事に使用した機器 ・ウェアラブル血圧計:Heart Guide HCR-6900T-M ・スマートフォン:iPhone 11 Pro(iOS 13.7) ・iOS版「HeartAdvisor」アプリ:バージョン 4.5.3(178)

■関連サイト

ウェアラブル血圧計 Heart Guide

ウェアラブル血圧計 Heart Guide(製品サイト)

オムロン

村元正剛(ゴーズ) 編集●飯島恵里子/ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加