犬が『我慢』をしている時に見せる行動や仕草5選

犬が『我慢』をしている時に見せる行動や仕草5選

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2021/02/23
No image

犬が我慢をしているときに見せる行動や仕草5選

No image

犬のしつけは飼い主の義務のうちの1つとも言えます。しかし、「わがままに育たないように」と厳しくし過ぎてしまい、愛犬に我慢をさせていませんか。ここでは、犬が我慢をしているときに見せる行動や仕草を紹介するので、このような行動を頻繁に見かけたら注意しましょう。

1.前足で体を掻く

犬は我慢をしているとき、多くはストレスを抱えています。そのストレスを打ち消すかのように、前足で体の一部を掻く姿を見せることがあるのです。犬が体を掻くとき、単純に痒みが生じていることも多いですが、心理面が作用していることも多いです。前足で顔や頭を掻くような仕草を見せる場合は、不安が溜まっているサインです。

1日に何度も見られるようであれば、その日、相当な我慢を強いられていることを意味しているので、もう少し甘えさせてあげましょう。

2.何度もあくびをする

No image

犬のストレスサインの代表的な行動といえば、あくびです。あくびしている様子を見ると「眠いのかな?」と思いがちですが、実際は不満や我慢といったストレスによってあくびをしていることが多いです。

「退屈だな」「飼い主さん、構ってくれないな」というように、寂しさから来るあくびが多く、飼い主さんに構ってもらいたいけれど構ってもらえないと我慢しているのです。

少し離れた場所からジッと飼い主を見つめながらあくびしている場合は、「構ってくれないかなぁ」と期待しながら我慢しているサインです。手が空いたら一緒に遊んであげてくださいね。

3.前足を舐め続ける

No image

ストレスが溜まりすぎているとき、犬は常同行動と呼ばれる同じ行動を繰り返す行為を見せることがあります。同じ行動をすることによって、その行動に夢中になり、ストレス要因を忘れるという対処法です。

その中でも特に多い行動が、前足を舐め続ける常同行動です。前足を執拗に舐め続けている姿が見られた場合、我慢しすぎて強いストレスに晒されている可能性があります。

そのまま放置していると、精神衛生上良くありませんし、前足の皮膚がただれる自傷行為に発展する恐れがあります。すぐに愛犬と向き合う時間を設けるようにしましょう。

4.自分の体を甘噛みする

No image

我慢をすることでイライラしてしまい、そのイライラを自分の体にぶつけてしまう犬もいます。自分のしっぽや足などを甘噛みすることで、イライラを落ち着かせようとするのです。

こちらも行き過ぎてしまうと自傷行為に繋がるので、自分の体を甘噛みする姿が何度も目撃されている場合は、早急に愛犬との接し方や向き合う時間を見直しましょう。

5.時折クンクンと切なそうに鼻を鳴らす

飼い主の方を見つめながら、時折「クンクン」と切なそうに鼻を鳴らすことはありませんか。これも我慢しているときに「もう我慢できないよ」「つらいよ」と飼い主に助けを求めているサインです。

飼い主に構ってもらいたいけれど構ってもらえないという寂しさを訴えていることもあれば、飼い主にされているお世話を早くやめてほしくて鼻を鳴らすこともあります。

後者はお世話なので我慢してもらうしかありませんが、前者の場合は、飼い主の手が空き次第、愛犬とのスキンシップタイムに入りましょう。なかなか手が空けられない場合も、「ちょっと待ってね」などと優しく声をかけたり、軽く撫でてあげたりと、コミュニケーションをとってください。

まとめ

No image

いかがでしたでしょうか。犬はわがままになりすぎないよう、ある程度しつけは重要です。しかし、あまり我慢させすぎてしまうと、信頼関係にもヒビが入りますし、何より愛犬の尊厳が失われてしまいます。我慢しているサインが見られたら、なるべく早く向き合いましょう。

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

犬が命を落とすかも?絶対にNGな超危険行為5選

*********************

■わんちゃんホンポ

わんちゃんホンポは、ドッグオーナーさんとその愛犬自身の生活環境がより良く素敵なものになることを目指し、様々なおすすめ情報やツールを提供しています。

<ライター情報>
しおり

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加