【スーパーGT】REAL RACING加入の松下信治、ホンダからの“復帰”オファーに驚きも「素直に嬉しかった」

【スーパーGT】REAL RACING加入の松下信治、ホンダからの“復帰”オファーに驚きも「素直に嬉しかった」

  • motorsport.com 日本版
  • 更新日:2022/01/15
No image

ホンダの2022年シーズン体制発表の中で最も大きな動きだったのが、スーパーGTにおける松下信治のAstemo REAL RACING加入だと言える。

松下はこれまで、ホンダの育成ドライバーとしてFIA F2などヨーロッパのカテゴリーで活躍してきた。しかし、その後一度はホンダを離れ、2021年シーズンからは日産陣営のTEAM IMPULに加入し、スーパーGT・GT500クラスへの参戦をスタートさせた。

松下を2022年シーズンにホンダ陣営に“復帰”させるという動きは水面下で進んでいたようだが、松下曰くオファーをもらったのはシーズン終了後だという。

松下は体制発表会の後、motorsport.comに当時の心境をこう話してくれた。

「スーパーGTのシーズンが終わってから話をいただきました。元々はホンダのドライバーでしたが、日産のドライバーとして走っている中でそういうお話をいただいたので驚きました」

「考えることがたくさんあるので、すぐにイエスとは言えませんでしたが、素直に嬉しかったですね」

松下が加入するのは、昨年タイトル争いにも絡んだAstemo REAL RACING。ここ数年はランキング上位の常連となっており、非常に強力なチームのひとつと言える。また、金石勝智監督らチームの首脳陣は、松下の徹底的に勝ちにこだわる姿勢を高く評価しており、それが今回のオファーに繋がったという話も関係者からは聞こえてくる。

「Astemoに関しては常に上位争いをしているチームなので、そこに入れてもらえることでチャンピオンという目標にも近付けます。田坂(泰啓)エンジニアはスーパーフォーミュラでもすごいクルマを作ってくれているので、そこに関しても期待しています」と松下はチームを評価する。

昨年は名将星野一義監督の下、GT500で濃密な1年を過ごした松下。「星野さんの下でレースができたことは光栄ですし、幸せなことだと思います。星野さんはレースにおける気持ちの入れ方も人とは違います。それをホンダに持ってきて、自分のオリジナリティにプラスして、頑張っていければと思います」と述べた。

掲げる目標は、当然移籍1年目でのタイトル獲得だ。「そのために呼んでいただいたと思うので、結果を重視して頑張ります」と語る松下。淡々とした口調の中にも、来るシーズンに向けた並々ならぬ気合いが感じられた。

戎井健一郎

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加