JR学園都市線の踏切で普通列車が乗用車と接触...ドライバーの60代男性ケガ 乗客は無事 雪にはまり動けなくなったか 札幌市

JR学園都市線の踏切で普通列車が乗用車と接触...ドライバーの60代男性ケガ 乗客は無事 雪にはまり動けなくなったか 札幌市

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2023/01/25
No image

UHB 北海道文化放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

1月25日夜、札幌市北区のJR学園都市線の踏切で、列車が乗用車と接触する事故がありました。午後9時現在も運転見合わせとなっています。25日午後7時すぎ、JR学園都市線の拓北駅と篠路駅の間の踏切で、普通列車が乗用車と接触しました。

No image

事故があった現場

消防によりますと、この事故で車を運転していた60代の男性がケガをしたということです。警察は、乗用車が踏切内の雪にはまりスタックして渡り切れなくなり、そこに列車が進入して接触したとみて調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加