千葉大など、「ハロゲン化鉛ペロブスカイト」中の電子の重さの測定に成功

千葉大など、「ハロゲン化鉛ペロブスカイト」中の電子の重さの測定に成功

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/06/14

千葉大学、北海道大学(北大)、京都大学(京大)の3者は6月11日、次世代太陽電池や発光デバイス材料として期待される「ハロゲン化鉛ペロブスカイト」中の「電子の重さ」を測定し、電子が周囲の格子に及ぼす影響を正確に評価することに成功したと発表した。京大、ペロブスカイトナノ粒子による近赤外光での超高速光変調を室温で実現

同成果は、千葉大大学院 理学研究院の山田泰裕准教授、同・音賢一教授、千葉大 国際学術

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加