ダートの猛者たちが集う【エルムS(GIII)】で死の馬番に入った馬とは!?

ダートの猛者たちが集う【エルムS(GIII)】で死の馬番に入った馬とは!?

  • ラブすぽ
  • 更新日:2022/08/06
No image

現在4連覇中のマリーンS組は今年も勝てるのか!? 過去10年のデータから勝ち馬を占ってみる!!

JRAの夏開催で芝馬はサマーシリーズがあり番組が充実しているが、ダートのオープン馬にとっては重賞が少なく賞金加算できるチャンスが少ない。

そのため出走するからには賞金を加算し、秋の大きなレースに備えるべく札幌に集結したダートの猛者達!!

その猛者達が出走するレースは、「エルムS(GⅢ)」である。

では、この猛者達の中からどの馬が勝つのか!? 過去10年のデータから導き出していこう!!

1,牡馬vs牝馬

圧倒的に牡馬優勢のレース。

過去10年で7頭の牝馬が出走しているが、3着内には一度も入っていない。

2,馬齢

5歳馬:6勝、4歳馬:3勝と、この二つの馬齢の成績が良い。

残りの1勝は6歳馬のため、7歳馬以上のベテラン馬には悪いが容赦なく切るべし。

3,前走クラス別

前走でOPクラスを走ってきた馬が6勝、3勝クラスが2勝、GⅢ組と地方重賞組がそれぞれ1勝を挙げている。

この6勝を挙げているOPクラスのうち、5勝がマリーンSを走ってきており、また現在4連勝中と相性の良いレースとなっている。

4,前走着順

前走を勝ってきた馬が5勝、2着だった馬が2勝、3着だった馬が1勝と8割を占めているため、前走で馬券外だった馬よりは勢いのある馬を買いたい。

5,枠番、馬番

枠では外枠が不利な傾向。なかでも7枠が未勝利。

有利な枠は中枠で4枠と5枠で併せて5勝を挙げている。

馬番で見てみると⑦と⑭が3着以内が一度もなく、死の影がチラついている馬番。

今年は⑦ヒストリーメイカーと⑭ダンツキャッスルがデータからは勝ちが厳しいと言わざるを得ない。

さあ、この五つのデータから勝ち馬候補に最も該当する馬はどれだ?

牡馬で5歳馬、前走はOPクラスのマリーンS組、しかも勝って来ている⑨フルデプスリーダーと炙り出された。

ただ有利な4枠、5枠でなく6枠がどうかだが、他のデータには一番合っている馬なのは間違いない!!

果たして、データ通りにマリーンS組が5連覇を成し遂げるのか!? それともニューヒーロー誕生なるか!?

発走は8月7日の札幌競馬場11レース、15時35分予定。

ラブすぽ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加