大谷が日本人メジャー最速100本塁打より意気に感じていること

大谷が日本人メジャー最速100本塁打より意気に感じていること

  • ココカラネクスト
  • 更新日:2022/05/14
No image

(C)Getty Images

Bクラス常連のエンゼルスに「異変」が起きている。22年シーズンは開幕から白星を重ね、5月13日(日本時間14日)時点で22勝12敗、勝率.647。貯金を2ケタ「10」に乗せ、アストロズに次ぐア・リーグ東地区(5チーム中)2位につけている。

近年のエンゼルスはファンやメディアから酷評されてきた。「全盛期のトラウト、大谷という才能を無駄にしている」。2014年の地区優勝を最後にポストシーズンから遠ざかり、大谷入団後に関しては4年連続4位と低迷が続いている。

【関連動画】「こんな姿は初めて見た」米ファンも驚き!大谷翔平がマウンドに来るコーチを制止した際の実際の映像

◆大谷入団後のエンゼルス成績と勝率
(大谷の本塁打数、獲得タイトル)
18年4位 80勝82敗 .494(22発、新人王)
19年4位 72勝90敗 .444(18発)
20年4位 26勝34敗 .433(7発)
21年4位 77勝85敗 .475(46発、MVP)
※20年はコロナ禍で60試合制

大谷は異国の地でも「投打二刀流」の価値を証明した一方、優勝争いとはほぼ無縁のメジャー生活。個人記録だけが注目されることは本意ではなかった。21年シーズン終盤、プレーオフ進出を逃したフラストレーションがあるか、と問われた際「ありますね、やっぱり。このままでは勝てない。もっともっとヒリヒリする9月を過ごしたい」と本音で訴えたほどだ。

優勝に飢えている大谷にとって、5年目の今シーズンはチームが最高のスタートダッシュを切った。総本塁打46本はヤンキースに次いで30チーム中2位。MVP3度のトラウト9本を筆頭に、ウオードが7本、ウォルシュが6本。総得点166はメジャートップの強力打線を誇る。

大谷自身は32試合で6本塁打と調子はいまひとつ上がってこないが、強打者が前後に並ぶのは心強い。主力選手の故障が相次いだ昨季終盤のように、大谷だけがマークされ、ストライクゾーンで勝負しなくても、歩かせてもいいという状況は減り、打席の負担、重圧は軽減される。

先発で大谷が3勝している投手陣も好調。課題だった救援陣が整備され、チーム防御率3.27と、昨季4.69から大幅に改善した。5月10日レイズ戦では、22歳の左腕デトマーズがノーヒットノーランを達成。補強が成功し、若手有望株も力を発揮し、投打がかみ合っている。

大谷は出場442試合で、メジャー通算100号まであと1本に迫った。節目の記録は、日本選手だと175本の松井秀喜、117本のイチロー以来、3人目となる。松井が100号を放った出場636試合を上回る最速到達となることは確実だが、個人記録はいまの大谷には通過点でしかないだろう。チームの首位争い、優勝を目指す高いモチベーションが、大谷を新たなステージへと引き上げる。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

CocoKARA next

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加