【日本S】鷹デスパイネがトドメの満塁弾! シリーズタイ6打点「打った瞬間入ると思った」

【日本S】鷹デスパイネがトドメの満塁弾! シリーズタイ6打点「打った瞬間入ると思った」

  • フルカウント
  • 更新日:2020/11/22
No image

ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【写真:荒川祐史】

1試合6打点はシリーズタイ記録、打たれた鍵谷はKO

■巨人 – ソフトバンク(日本シリーズ・22日・京セラドーム)

ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手がトドメのグランドスラムを放った。22日の「SMBC日本シリーズ2020」第2戦。5点リードで迎えた7回1死満塁で右翼スタンドへのダメ押しの満塁本塁打を放った。

強烈な一発が右翼スタンドへと消えた。5点リードで迎えた7回。代打牧原の中前安打、柳田の四球、栗原の遊撃内野安打で満塁とすると、打席にはデスパイネ。1ボールから鍵谷が投じたボールを捉えると、デスパイネは本塁打を確信。打球は右翼スタンドへ届く満塁本塁打となった。

この日、デスパイネは6打点となり、これはシリーズタイ記録に。これでソフトバンクのリードは9点となり、鍵谷はマウンドを降りた。

圧巻の一発を放ったデスパイネは「完璧に捉えられた。打った瞬間入ると思ったよ。今日はチャンスで回ってくる事が多かったし、あのチャンスで最高の結果になってくれて良かった」と振り返っていた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加