苦闘の広島 西川が6号2ラン「引き続き頑張ります」の気合

苦闘の広島 西川が6号2ラン「引き続き頑張ります」の気合

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/12
No image

4回、右翼へ2ランを放つ西川(撮影・立川洋一郎)

「ソフトバンク8-4広島」(9日、ペイペイドーム)

この男の一撃には、得点以上の効き目がある。西川が四回無死一塁で、東浜の「カットボール」を右へ運ぶ6号2ランをかっ飛ばした。

その直前、ソフトバンクは柳田の2ランで3-0と試合を支配しつつあった。そこで飛び出した西川の一発だ。しかも捉えた瞬間、打った本人は首をひねりつつ、下を向いた。

“やられた感”満点の姿から放たれた打球が、右翼フェンスを越えていくのだ。「先頭のキク(菊池涼)さんが出たので、自分もつなごうと思って」という意識で、結果、1点差に迫る本塁打となった。それだけでなく、今季未勝利の東浜にとっては、あの姿を見せられた上でホームランは、たまったもんじゃない。

与えたショックは倍増。何しろ三回までパーフェクトの東浜が、2ランを打たれた後も立て直せず無死満塁までいった。広島打線が決め手を欠いて、同点止まりではあったが、西川のバットがもたらす効力の大きさは、十分に見せつけられた。

ただ「引き続き頑張ります」の気合も、結果には結びつかなかった。先発・野村も崩れ、中盤で一方的展開での4連敗だ。苦境にある。だからこそ、敵のハートまで打ち砕く攻撃力を秘めた西川が、広島には欠かせない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加