Sランスの伊東純也が開幕2試合を欠場へ 内転筋違和感で長期離脱は回避もデビュー延期

Sランスの伊東純也が開幕2試合を欠場へ 内転筋違和感で長期離脱は回避もデビュー延期

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/08/06
No image

伊東純也(東スポWeb)

フランス1部スタッド・ランスに新加入した日本代表MF伊東純也(29)が開幕から2試合を欠場することになった。

ベルギー1部ゲンクから移籍金1000万ユーロ(約13億6000万円)でSランス入りした伊東は7月31日にイタリア1部サッスオーロとの練習試合に出場。アシストをマークするなど、上々のパフォーマンスを披露した一方、内転筋の違和感を訴えて前半のみで交代し、病院で検査を受けていた。

フランスメディア「Madein FOOT」は「伊東に大打撃」との見出しを付けて「今シーズンの開幕戦を欠場する。内転筋の影響を受けている29歳の日本代表は今シーズンの最初の2試合を欠場することになった」と報じた。一部メディアで恥骨炎の可能性も伝えられていたが、軽傷とみられ、長期離脱は避けられたもようだ。

伊東は開幕戦(7日=日本時間8日)のマルセイユ戦、14日のクレルモン戦にはプレーしない方針で、公式戦デビューは21日にGK川島永嗣の所属するストラスブール戦となる見込みだ。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加