エンダースキーマの直営店「スキマ」が、商業施設の「隙間」にオープン!

エンダースキーマの直営店「スキマ」が、商業施設の「隙間」にオープン!

  • SPUR
  • 更新日:2020/08/01

エンダースキーマの直営店である「スキマ」が、渋谷のレイヤード ミヤシタパークに7月28日(火)にオープンした。レイヤード ミヤシタパークでは現在、新型コロナウイルス感染症対策のための入場制限を行っており、公式サイトでの事前予約が必要となる。スキマ 恵比寿、スキマ 合羽店に続き3店舗目となる本店は、屋上公園やホテル、そして様々なショップが並ぶ商業施設の一角、7坪の狭小空間でコレクションを展開中。従来の店舗とは異なり、コレクションからセレクトしたアイテムが多く展開されており、この小さな“隙間”に、ブランドの世界観が存分に表現されている。

No image

複合施設・ミヤシタパーク内の、レイヤード ミヤシタパークの一角にオープンした「スキマ」の外観。

オープンを記念し、メダリオンで“渋谷”の文字が描かれた遊び心の薫る「shibuya cheak」が、ナチュラルとブラックの2色展開で登場。ドレスシューズを製作する視点で生まれたミュール「cheak」をベースとし、クリーンなフォルムのアッパー部分のユニークなメダリオンや、デイリーユースに活躍するシンプルなシルエットが特徴だ。合わせて、ナチュラルカラーで再構築された「red cross bag」も限定発売となる。スモール、ビッグの2サイズ展開となっており、柔らかなスムースレザーを採用している。ともに同ブランドで長年愛されるモデルに特別なエッセンスを加え、進化を遂げたアイテムだ。

No image

shibuya cheak 〈H2.7cm〉各¥37,000/スキマ 宮下公園(エンダースキーマ)

期間限定のコンセプトショップやアイテムの展開のほか、本店では「バイプロダクト=副資材」を用いたプロダクトライン「left to right」も豊富なラインナップで展開されることになる。ブランド当初から続くライン「left to right」は、着目されにくい素材の見方を変え、アイデアをプラスすることで適切な場所を与える、エンダースキーマの持続的な営みのひとつだ。封筒やウォールポケットといった雑貨を含め、本店のみで展開されるスペシャルなアイテムをぜひ一度ショップで堪能してみて。

No image

red cross bag big 〈H39×W37×D40cm〉¥16,000/スキマ 宮下公園(エンダースキーマ)

【店舗情報】
スキマ 宮下公園
オープン日時:2020年7月28日(火)
営業時間:11:00〜21:00 (施設に準じる)
住所:東京都渋谷区神宮前6-20-10 RAYARD PARK North 2F

スキマ 宮下公園
http://henderscheme.com
03-6434-1197

Text: Marina Kishi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加