東京五輪女子マラソン代表 前田と一山が3区で激突へ 全日本実業団駅伝

東京五輪女子マラソン代表 前田と一山が3区で激突へ 全日本実業団駅伝

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/22
No image

前日会見に臨む(前列左から)前田穂南、鈴木亜由子、一山麻緒、(後列左から)新谷仁美、松田瑞生(代表撮影)

全日本実業団対抗女子駅伝(22日、宮城県松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台、6区間=42・195キロ)に出場する有力選手が21日、オンラインで会見した。

東京五輪マラソン代表の前田穂南(24)=天満屋、一山麻緒(23)=ワコール、鈴木亜由子(29)=日本郵政グループ、5000メートル、1万メートルですでに東京五輪参加標準記録をクリアしている新谷仁美(32)=積水化学、東京五輪マラソン補欠の松田瑞生(25)=ダイハツ=が出席。区間エントリーも決まり、前田、一山、新谷がエース区間の3区(10・9キロ)、鈴木は5区(10キロ)、松田は1区(7・6キロ)に起用された。

前回3区で7人抜きを演じた前田は「チームもしっかりまとまってきて、調子もみんな仕上がっている。一丸となっていい走りができたらいい」と静かに語り、一山は「初めて3区を走る。今回は無観客開催となる。パワフルな走りだったり、私の走りで元気になってもらえるように」と意欲を見せた。チームの連覇がかかる鈴木は「連覇の難しさは分かっている。硬くならず、それぞれの持ち味を全員が出せたら」と語った。

10月の予選会の3区では従来の記録を1分15秒も塗り替え、自身8年ぶりの今大会出場となる新谷は「完璧主義者なので、全部のタイトルを取って帰りたい」と、チームの優勝と区間賞を宣言。松田は「このレースを通して、たくさんの方にあきらめない気持ちを伝えたい」と気持ちを奮い立たせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加