米子松蔭VS境 仕切り直しの一戦で塁審の判定に迷い 場内困惑

米子松蔭VS境 仕切り直しの一戦で塁審の判定に迷い 場内困惑

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/07/21
No image

5回、一塁への打球をはじき境の二塁・木村が捕球し一塁へ駆け込む。ヘッドスライディングするのは久白(撮影・佐々木彰尚)

「高校野球鳥取大会・2回戦、米子松蔭-境」(21日、どらドラパーク米子市民球場)

米子松蔭の辞退決定から一転、仕切り直しで行われている境と米子松蔭の一戦。一塁審判がジェスチャーに迷い、場内が困惑するプレーが起きた。

米子松蔭が1点を追いかける五回。2死一塁の場面で2番・久白優人内野手(3年)が一塁に強烈なライナーを放ち、一塁手のグラブを弾いた。二塁手がこれに反応し、こぼれ球を拾い自ら一塁キャンパスへ。塁審は一度セーフの構えを見せたが、すぐさまアウトを強調した。

困惑する中で米子松蔭ベンチからは、三塁に到達した一塁ランナーに「ホーム行け!」などと声が飛んだ。ただ、アウトの判定が覆らず、そのままチェンジとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加