【府中牝馬S】サラキア 重賞初V!サリオスの姉が威厳見せた 女王争いに名乗り

【府中牝馬S】サラキア 重賞初V!サリオスの姉が威厳見せた 女王争いに名乗り

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18
No image

力強く伸びたサラキア(手前)=撮影・三好信也

「府中牝馬S・G2」(17日、東京)

7番人気のサラキアが、雨天の府中で豪快な末脚を発揮した。トロワゼトワルが大逃げを打つ展開にも惑わされず、離れた3番手グループの外めをキープ。3角手前から馬なりでポジションを押し上げると、直線は迷わず大外へ。最後は後続に3馬身差をつけて重賞初Vをつかんだ。

前走の小倉日経オープンに続き、勝利に導いた北村友は「特に位置取りはせず、馬のリズム重視で行きたかった」と振り返った。初コースの東京と道悪が心配だったが、「馬場のいいところを走らせたくて。長く脚を使えないタイプなので、坂を上る時は心配になったが、最後まで走り切ってくれた」とパートナーをねぎらった。

先週の毎日王冠をサリオス、京都大賞典をグローリーヴェイズが制したのに続き、今週もシルクレーシングの勝負服が躍動した。鞍上は「弟(サリオス)が強い勝ち方をしているので、姉の威厳を見せられて良かった」と安どした。

池添学師も「やっと重賞タイトルを獲らせてあげられた。ホッとしました」と喜色満面。エリザベス女王杯(11月15日・阪神)への優先出走権も手にし、「レース後の様子を見て、このまま調子が良ければ」と大舞台を見据えた。本格化を迎えた5歳馬が、女王争いに堂々と名乗りを上げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加