「あのキス」で注目・藤枝喜輝、松坂桃李&井浦新からアドバイス 和気あいあいの撮影裏話も<インタビュー>

「あのキス」で注目・藤枝喜輝、松坂桃李&井浦新からアドバイス 和気あいあいの撮影裏話も<インタビュー>

  • モデルプレス
  • 更新日:2021/06/11

【モデルプレス=2021/06/11】松坂桃李が主演を務めるテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『あのときキスしておけば』(毎週金曜よる11時15分~ テレビ朝日系24局、一部地域で放送時間が異なる)に出演中の俳優の藤枝喜輝(ふじえだ・よしき/18)。同作のスピンオフドラマ『SEIKAの空』(TELASA)では主演も務めている藤枝に、出演が決まった時の心境や、撮影裏話などを聞いた。<モデルプレスインタビュー>

No image

(写真 : 藤枝喜輝「あのときキスしておけば」より (C)テレビ朝日)

【写真】「オオカミくん」藤枝喜輝、新ドラマ「17.3 about a sex」田鍋梨々花の相手役で注目

◆「あのときキスしておけば」「SEIKAの空」とは

『あのときキスしておけば』は、“ラブストーリーの名手”と称される大石静がオリジナル脚本を手がけた、男女の入れ替わりを描くラブコメディー。漫画オタクの主人公・桃地のぞむを松坂が演じ、彼と恋に落ちる憧れの漫画家・唯月巴役に麻生久美子、巴と入れ替わり“オジ巴”となってしまう清掃員・田中マサオを井浦新が演じている。

藤枝は、『週刊少年マキシマム』の副編集長・高見沢春斗(三浦翔平)の部下・木之崎眞を演じる。木之崎は怖いものが苦手な若手編集者で、麻生演じる人気漫画家(蟹釜ジョー/唯月巴)の連載漫画『SEIKAの空』の担当編集者。巴には塩対応をされ続けているという役柄。

また、藤枝はTELASAにて配信中の同作のスピンオフ作品『SEIKAの空』にも出演。『SEIKAの空』は、『あのときキスしておけば』に出てくる劇中漫画を実写化したもの。スピンオフドラマには、松坂、井浦、三浦らも出演しており、主人公のヒーロー・キャベ次郎役を藤枝が演じている。

◆藤枝喜輝、劇中漫画実写化に主演「冗談かな?と」

― 『あのときキスしておけば』に出演が決まった時の心境を教えてください。

藤枝:連続ドラマのレギュラー出演は初めてなので、すごく嬉しかったです!台本を開いたら、同じ事務所の先輩である松坂桃李さんを始め、憧れていた方々の名前がズラっと載っていて一気に緊張しました。ただ必死に役を全うしようと思いました。

― 藤枝さんは、スピンオフ作品である劇中漫画『SEIKAの空』主人公の勇者の“浪流キャベ次郎”を演じられています。こちらでは、松坂桃李さん、井浦新さん、三浦翔平さんなど豪華キャストの方が出演されている中で主演ということですが、こちらが決まった時の心境はいかがでしたか?

藤枝:最初にスピンオフのお話を聞いたときは、僕も出られたら嬉しいな〜くらいに思っていたので、マネージャーさんから「キャベ次郎をやるよ」と言われたときは、冗談かな?と思いました。俳優としていつか主演をやるという目標があったのですが、まさか漫画を実写化したキャベツ役で実現するとは思ってもいなかったです(笑)

◆藤枝喜輝、自身の性格は「怖いものがめちゃくちゃ苦手」

― 『あのときキスしておけば』木之崎眞、『SEIKAの空』浪流キャベ次郎、それぞれの役を演じる上での難しさや、気をつけていることなどはありますか?

藤枝:木之崎もキャベ次郎も、「藤枝くんらしく演じてみて」と言われたんです。自分らしくって何だろう、僕の中の普通ってなんだろうと考えてしまって、僕自身まだ自分のことがよく分かっていないのかもしれないな、と思いました。

― ご自身の性格は、少し怖がりの木之崎眞、ヒーローの浪流キャベ次郎のどちらに近いと思いますか?

藤枝:どちらかと言えば木之崎に近いです。木之崎は怖がりなのですが、僕も怖いものがめちゃくちゃ苦手です。高校の文化祭で無理やりお化け屋敷に入れられ、叫びすぎて喉が枯れました…。

◆藤枝喜輝、松坂桃李&井浦新からアドバイスもらう

― 撮影現場の雰囲気を教えてください。

藤枝:凄く和気あいあいとしています!井浦さんや三浦さんなど、カメラが趣味の方が多くて、あのキス写真部というものまで結成されました。僕も最近カメラを買ったので、皆さんと撮り合いをしたり、スチールカメラマンさんの桂さんから撮り方のテクニックなどを教えてもらったりしました。

― 出演者の方々とは撮影の合間でどんなお話をされますか?

藤枝:『SEIKAの空』の撮影で、僕が怒りを出すシーンに苦戦してしまって。井浦さんにどうやったらもっと感情を出せるのかを相談したところ「相手の芝居から受けたのものを素直に受け止めてそれに反応しながらお芝居すればいいんじゃないかな?」とアドバイスしてくださいました。

それを聞いていた松坂さんからも、「後は楽しむだけだよ」と言ってくださって、本当にありがたかったです。麻生さんには、麻生さんの出演作品『泣くな、はらちゃん』『MIU404』が好きだということをお伝えしたり、三浦さんとは格闘技のお話をしたり、本当に楽しかったです。

◆藤枝喜輝、異性に入れ替わってしまったら?

― ドラマの様に“異性の体に魂が入れ替わってしまった”場合、やってみたい事などはありますか?

藤枝:女子会に行ってみたいです!その中で一つ聞きたいことがあって。男性とデートに行ったときの会計は、男性に奢って欲しいのか、割り勘でいいのか、または少し多く払ってもらいたいのか…(笑)。女子の本音を聞いてみたいです!

― ドラマでは『漫画』が重要なテーマとして出てきていますが、もし自身が何か漫画の実写化をするなら演じてみたい役などはありますか?

藤枝:学園ものをやってみたいです!特に好きなのは、『ROOKIES』や『3年A組-今から皆さんは、人質です-』、『青空エール』です!それぞれテイストの違う学園ものですが、一番は青春ラブストーリーをやってみたいなと思っています。

― 最後に、モデルプレス読者に『夢を叶える秘訣』を教えてください。

藤枝:『夢を叶える秘訣』は、何が必要かを逆算して、今自分に何が足りていないのかを細かく突き詰めていくことだと思います。僕もまだまだ夢の途中なので、夢を叶えられるように頑張ります!!

― ありがとうございました。

(modelpress編集部)

◆藤枝喜輝(ふじえだ・よしき)プロフィール

生年月日:2002年6月21日

出身地:神奈川県

血液型:B型

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加