同性愛が犯罪となり、矯正施設へと送還された2人の少女描くダークファンタジー

同性愛が犯罪となり、矯正施設へと送還された2人の少女描くダークファンタジー

  • コミックナタリー
  • 更新日:2020/10/16

綾幡フイヱ「ポラリティ透明期」の1巻が、本日10月16日に発売された。

No image

「ポラリティ透明期」1巻

「ポラリティ透明期」は、同性愛が犯罪とされる世界を舞台に描くダークファンタジー。未成年による同性愛行為が認められた場合、矯正施設・不蘂体聖化院(ふずいたいせいかいん)に強制送還され徹底的な教育が施される中で、15歳の少女・不由美は、クラスメイトのしおんと密かに愛を育んでいた。しかし密告により不由美が聖化院へと強制送還されることに。そんな中で「自分が不由美の同性愛行為の相手だ」と宣言し、ともに聖化院に送られることになったしおん。2人を待ち受けていたのは、差別的な聖化院の職員と、彼女たちと同様に強制送還された個性豊かな少年少女たちだった。誰をも受け入れる優しいしおんは聖化院の人間たちに付け入られ、やがて不由美とともに苦しめられることになる。

同作はCOMICジャルダンにて連載されており、LINEマンガではエピソードを先行して配信。1巻の購入者の中から抽選で5人に、綾幡のサイン入り色紙をプレゼントするキャンペーンも行われている。希望者は単行本帯の応募券をハガキに貼り、必要事項を明記して2021年1月5日までに申し込もう。なお単行本2巻は12月に刊行される。

コミックナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加