大雨被害の村上市を視察 花角知事「復旧に全力で取り組む」 高齢者施設は再開のめど立たず【新潟県】

大雨被害の村上市を視察 花角知事「復旧に全力で取り組む」 高齢者施設は再開のめど立たず【新潟県】

  • 新潟ニュースNST
  • 更新日:2022/08/06
No image

NST新潟総合テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

道路をふさぐ流木の撤去作業が行われていた6日の村上市小岩内地区。

花角知事は被害の把握へ視察に訪れました。

松本佐一区長から、短時間に集中的な豪雨に襲われたことや、1967年の羽越水害の教訓を受け、住民は高台などに”垂直避難”し、亡くなった人がいなかったことなどを聞き取りました。

【花角知事】

「全力を挙げて、安全な生活を一刻も早く取り戻せるよう、地元そして村上市としっかり連携して進めていきたい」

一方、関川村の浸水した高齢者施設・ケアハウスせきかわでは、職員が再開に向けた準備を進めていました。

施設の利用者は職員が避難させ無事でしたが、館内は一部で電気がつかず、漏電の可能性もあるため、再開のめどは立っていません。

【ケアハウスせきかわ・加藤貴人施設長】

「どこから手をつけたらいいか迷っているところ。いろんな支援をいただきながら判断を行っている状況」

一刻も早い被災地の復旧が望まれます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加