【トヨタ 新型カローラ クロス外観解説 】日本仕様はフロントマスクが大幅変更! リヤ回りも細部の作りが違う

【トヨタ 新型カローラ クロス外観解説 】日本仕様はフロントマスクが大幅変更! リヤ回りも細部の作りが違う

  • MOTA
  • 更新日:2021/09/15

2021年9月14日(火)、いよいよ国内で発売開始となったトヨタ 新型カローラ クロス。日本導入以前、先行して海外で発表されている頃から大注目を集めている新型SUVだが、日本仕様では特にフロントフェイスのデザインが大きく変更されているほか、細部も若干の変更が行われている。こでは気になる新型カローラ クロス(日本仕様)の外観にクローズアップしてチェックしていく。

No image

トヨタ 新型カローラクロス

注目のSUV、新型カローラ クロスが遂に日本デビュー

No image

トヨタ 新型カローラ クロス

トヨタ 新型カローラ クロスは、世界の大衆車ブランド“カローラ”シリーズ初のSUVとして誕生したモデル。2020年7月9日にタイでの発表を皮切りに、2021年6月には北米でも発表されていたが、このほど、遂に日本でも発売が開始された。

新型カローラ クロス(日本仕様)の ボディサイズ

No image

トヨタ 新型カローラ クロス

ボディサイズは、全長4490mm×全幅1825mm×全高1620mm、ホイールベース2640mm。

カローラシリーズでは、「スポーツ」が全幅1790mm、「セダン」「ツーリング」が全幅1745mmなのに対して、新型カローラ クロスはフェンダープロテクターなどでさらにワイドな全幅1825mmを誇る。カローラシリーズ随一のどっしりとしたスタイルでSUV感をしっかり演出している。

ちなみに、海外仕様の新型カローラ クロスの全長は4460mmなので(その他は共通)、日本仕様はそこから30mm延長されていることになる。

No image

トヨタ 新型カローラ クロス

新型カローラ クロスでは「GA-C」と呼ばれるプラットフォームを採用している。このGA-Cプラットフォームは、カローラシリーズを始め「プリウス」や「C-HR」、レクサス「UX」などの車種に採用されている。

日本仕様のフロントマスクはカローラシリーズと共通デザインに

No image

新型カローラ クロス(日本仕様), 新型カローラ クロス(海外仕様)

No image

新型カローラ クロス(日本仕様), 新型カローラ クロス(海外仕様)

新型カローラ クロスの気になるフロントマスクは、海外仕様では上部に大きなグリルを備えるのに対し、日本仕様ではバンパーより下の高さまでにグリルを抑え、他の国内仕様のカローラシリーズに共通するオリジナルデザインとしている。

No image

トヨタ 新型カローラ クロス,トヨタ 新型カローラ クロス

No image

トヨタ 新型カローラ クロス,トヨタ 新型カローラ クロス

さらに、LEDヘッドライトのデザインも日本独自のものとなっており、最上級のZグレードにはLEDのシーケンシャルターンランプ/クリアランスランプ/デイタイムランニングランプが装備される。

No image

新型カローラ クロス(日本仕様), 新型カローラ クロス(海外仕様)

No image

新型カローラ クロス(日本仕様), 新型カローラ クロス(海外仕様)

リヤ周りのデザインは基本的に海外仕様と同じだが、リヤコンビランプとバンパーが日本専用デザインとなっている。

バンパーロア部分は海外仕様ではフロント同様のスキッドプレート(エンジン下部や床下にある部品を路面の突起物や石から守る板)風なのに対し、日本仕様ではワイド感を強調するように横長の光輝パーツが備わる。また、リフレクター(反射板)の形状も若干異なる仕様だ。

ここまで新型カローラ クロスの外観を紹介してきたが、特に細部のデザインなどは、フォトギャラリーもぜひチェックしてみてほしい。

MOTA編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加