マチェイ スコルジャ監督 新潟戦試合後会見

マチェイ スコルジャ監督 新潟戦試合後会見

  • 浦和レッズオフィシャル
  • 更新日:2023/03/18

明治安田生命J1リーグ 第5節 アルビレックス新潟戦 試合後のコメント

「今日は非常にいいチームと対戦しました。アルビレックス新潟がこれまで無敗だったのは、決して偶然ではなかったのだと改めて感じました。今日の試合は、ベストパフォーマンスとは言えない内容で先に失点をしてしまいましたが、2点を取り返して勝利を収めることができて本当に良かったです。

全体的にはベストとは言えない試合でしたが、立ち上がりは良かったと思います。(伊藤)敦樹の決定機も開始直後にあった中で、早い時間帯に失点してしまいました。その後はこちらが少しナーバスになってしまい、サイドを変えながらボールを長くキープするという、相手がやろうとしていることをやらせてしまった流れになってしまいました。そうした流れの中で、相手陣内でボールを奪ってサイドチェンジをしながら攻撃をしかけ、(酒井)宏樹が長い距離のシュートを打つ判断を下し、それがゴールにつながりました。あのゴールがチームに希望を与えたと思います。

点を取った後は、相手ペナルティーエリア周辺でより多くの決定機、多くの危険な場面をつくることができていました。特にセットプレーでそのようなシーンが見られ、明本(考浩)が2点目を決めることができました。明本は今日、試合を通じていいプレーを見せていたと思います。

今日は両サイドバックが点を取った試合になりました。サイドバックが点を取ることは非常にうれしいことですが、今後の試合でアタッカーたちによるゴールが生まれることを期待しています」

[質疑応答]
(後半はどのような試合にしようとして選手を送り出したか?)
「後半に入ってからは、ミドルゾーンでセットしたところからハイプレスをかけるというプランでいきました。ビルドアップの得意な相手でしたので、低い位置でのディフェンスになると、簡単に危ない場面をつくられてしまうと思っていました。ミドルでセットしながらもできるだけ前から行く、というふうにしました。ただ、あまりそれができなかったと思います。

ミドルで待とうとしたのですが押し込まれる場面があり、ローディフェンスになってしまうことが多くありました。そこでも形を崩さず、特にセンターバックがよく頑張ってくれたと思います。そうした意味では、プラスの部分もあったのかなと思います。

そして、ハイプレスをさらに増やすために、前線の選手4人を交代しました。その後はそれほど多くはなかったかもしれませんが、相手陣内でボールを奪って危険な場面をつくることもできていたと思います。また、相手に簡単にプレーさせないところもできたのかなと思います」

(序盤は相手のアンカーの島田 譲選手に苦労していたと思うが、同点ゴールの少し前くらいから、守備で引っかけて押し込むことが多くなったと思う。前半の途中ではどのようなところが改善されたのか?)
「今日はハイプレスのところで、少しハイなところがありました。特にゴールキックのところで、新潟の選手は動いて伊藤涼太郎選手のスペースをつくることをしてきました。練習もしたのですが、もしかしたら十分ではなかったかもしれません。あまりうまくいっていませんでした。そこで通常の守り方に戻しましたが、センターバックやボランチの選手にとっては、よりやりやすくなったのではないかと思います」

(後半のシュート数は2本だけだったが、もっといい形でボールを奪えるようになったほうが改善が見えるのか、それとも後ろからもっとうまく運べるようにしていきたいか?)
「我々のパフォーマンスのほぼ全ての要素を改善しないといけないと思っています。まだ、チームをつくり上げている途中の段階で、出来上がっているとは言えません。そして、試合をプレーするごとに良くなってきているとは思いますが、先ほどの質問に関しては、ビルドアップのところをよりしっかりしないといけないと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加