《専門家に聞く3回目のワクチン接種》打たなくてはダメ?あと何回?副反応は?インフルとどっちが優先?

《専門家に聞く3回目のワクチン接種》打たなくてはダメ?あと何回?副反応は?インフルとどっちが優先?

  • 福島ニュース 福テレ
  • 更新日:2021/10/14
No image

福島テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

福島県相馬市の新型コロナワクチン接種メディカルセンターの渋谷健司センター長に話を伺った。

Q:今後、抗体量・免疫力が減少すると、どのようなことが起こると考えられるんでしょうか?

A:私共の知見等それから海外のデータを照らし合わせますと、おそらく6ヶ月以上で重症化予防とか、そうしたものに関してはキープされるんですが、感染を抑える、つまりブレイクスルー感染を抑えるっていうことがなかなか難しい。3ヶ月過ぎるというと難しくなっているというふうに考えています。

Q:重症化しなければ、ただの風邪というふうに考えることはできないものなんでしょうか?

A:ワクチンを打っていくことによって、コロナにかかっても重症化しないということは目指してるんですけども、やはり感染者の数が増えるということはそれだけやはり重症、あるいは入院する方も増えるので、それも含めてできるだけ抑えていきたいというのが我々の考えです。

Q:もしこの3度目の追加接種をしなければ、何月頃から患者が再び増えると考えていらっしゃいますか?

A:なかなかこのときっての難しいかもしれませんが、僕の個人的考えとしては、いわゆる季節性とそれからウイルスそれから世界の状況を見ると、おそらく11月ぐらいからまた再燃してくるんじゃないかと思っております。

Q:副反応を心配する声もあります。3度目の接種はどれぐらいの副反応が出ると考えればいいんでしょうか?

A:今3回目をやっている国のデータを見ると、2回目とほとんど変わらないというふうに考えてます。ですから痛みとか腫れとかだるさとか発熱、だいたい翌日から数日でおさまるていう感じなので、それほど心配することなく対応できると思います。

Q:3カ月に一度のペースで接種しなければいけないのかという疑問を持たれている方もいらっしゃいました。これについてはいかがですか?

A:我々としても4回目・5回目ってのは視野に入れてますけれども、これからの、かかっても重症化しない入院しないというような状況を作っていくことができれば、これから経口治療薬ができますので、おそらく今回の波を乗り越えて、そして3回目にして、もしかしたら4回も5回もあるかもしれませんが、状況としては、だんだん改善してくとしていくと考えております。

Q:そして今年は新型コロナだけではなくて、インフルエンザについても警戒が呼びかけられています。このコロナワクチンとインフルエンザワクチンどちらを優先すべきなんでしょうか?

A:医療者からすれば両方打ってほしいですけども。両方打っても問題ないし、去年インフルが少なかったので今年戻ってくる可能性もありますので、リスクのある方はできるだけ両方。コロナにおいてはできるだけ多くの人が打っていただきたいと。

Q:日程的にはやっぱり新型コロナの3回目のワクチン接種を優先すべきとお考えですか?

あ:日程的には両方。この時期にこういうふうに開けてっていうことは特にないと思いますね。コロナにに関して12月から始まるので、できるだけ打てるときに打ってほしいなってほしいと思っています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加