吉高由里子「圏外でした」横浜流星好きなタイプは?

吉高由里子「圏外でした」横浜流星好きなタイプは?

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/15
No image

映画「きみの瞳が(め)が問いかけている」の完成報告イベントで登壇した横浜流星(撮影・丹羽敏通)

吉高由里子(32)横浜流星(23)が15日、都内で、ダブル主演映画「きみの瞳が問いかけている」(三木孝浩監督、23日公開)の完成報告会に出席した。

翌日24歳の誕生日を迎える横浜を、吉高がサプライズで祝福する企画も。フラワーケーキのプレゼントと、オンライン参加者のバースデーソングに、横浜は「こんな幸せなことはないです。めちゃめちゃうれしいです」と大喜びだった。

質問コーナーで吉高は、参加者に、影がある人がいいか、明るい人がいいかという質問を投げかけた。何を考えているか分からない人が好きと答えた女性に対し、吉高は「ええ~、面倒くさい! 分かりやすい方がいいよ」とアドバイス。横浜が「僕はおとなしくて、芯がある人」と好きなタイプを言うと、吉高は「私は圏外でしたね」と笑わせた。

初共演の2人は撮影前、三木監督を含め焼き肉を食べに行ってコミュニケーションを取ったという。互いの印象について、吉高は「画面で見るより実際の方が落ち着いて見えた。ピンクの髪のイメージだったので。真面目にいろんなこと考えてるんだなあと思いました」と話し、横浜は「テレビで見ていた側なので、最初は緊張していた。いい意味で、まんまで、明るくて元気で場の空気をなごませてくれる方でした」。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加