警察、“韓国与党代表性接待疑惑”中小企業代表の調査を延期

警察、“韓国与党代表性接待疑惑”中小企業代表の調査を延期

  • WoW!Korea
  • 更新日:2022/06/23
No image

警察、“韓国与党代表性接待疑惑”中小企業代表の調査を延期(画像提供:wowkorea)

韓国与党「国民の力」のイ・ジュンソク(李俊錫)代表に性接待した疑惑をもたれている中小企業代表の警察調査が延期されたと把握された。

23日、ヘラルド経済の取材によると、ソウル警察庁反腐敗・公共犯罪捜査隊は拘束収監中のアイカイストのキム・ソンジン代表を参考人として呼び、接見調査しようとした日程を延期した。

先立って、ソウル警察庁のキム・グァンホ庁長は今月20日、ソウル・チョンノ(鍾路)区のソウル警察庁舎で開かれた就任後初めての記者懇談会で、李代表の性接待疑惑に対する捜査状況を説明しながら「拘束収監中のキム代表を参考人として23日に調査する予定」と明らかにした。

キム代表の法律代理人であるキム・ソヨン弁護士は前日、国会で記者会見を開き「李代表の側近を自任する人々がキム氏周辺人を通じて多様な方法で接近し『捜査に協力するな』と懐柔を試みた」と暴露した。

警察は昨年末、YouTubeチャンネル「カロセロ研究所」が李代表を告発した事件をことし1月、検察から引き継ぎ捜査している。

警察の関係者は「キム代表側で参考人調査日程を延期してほしいとの要請がきた」とし「延期された日付は知らせるのは難しい」と説明した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加