【B型】まとめ! 特徴から性格・他の血液型との相性まで徹底解説!

【B型】まとめ! 特徴から性格・他の血液型との相性まで徹底解説!

  • MONEY TIMES
  • 更新日:2022/01/15

自分勝手・わがまま、個性が強く一見敬遠されがちなB型ですが、B型ならではの魅力をたくさん持っています。ここでは、B型の特徴から性格、恋愛傾向、他の血液型との相性まで詳しく解説していきます。B型の方はもちろん、気になる人がB型という方は、是非チェックしてみて下さい!

■B型の日本人はどれくらいいる?

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

「日本人はA型が多い」とよく耳にしますが、ではB型の日本人はどれくらいいるのてしょうか。血液型の割合は、人種や国・地域によっても異なり、ABO式血液型の日本人における割合は、A型約40%、O型約30%、B型約20%、AB型約10%と言われています。

B型は下から2番目に少ない血液型で、”意外といるようでいない”というそんな印象です。B型は個性が強く印象深いので、多いイメージがあるのかもしれません。

■B型に共通する性格の特徴

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

人間の血液型はABO式で分けると、A型・B型・O型・AB型の4種類てす。その中でもB型はわがまま・自己中・クセが強いと言われがちですが、B型にはB型ならでは魅力がたくさんあります。B型に共通する性格の特徴を見ていきまょう。

●B型の性格①好奇心旺盛

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

B型は人一倍好奇心旺盛です。決まりきったこと、レールの上を歩くようなことはすぐに飽きてしまったり、嫌なことはなかなか行動せず後回しにしますが、興味を持ったことは即行動、とことんやります。

幅広く色んなことに挑戦するチャレンジャーで、趣味も多く、トレンドにも敏感です。周りが面倒でやりたがらないことでも、どんどん行動を起こしていくでしょう。飲み会の幹事、イベントの企画、旅行の計画などを率先してやるのもB型が多いです。

●B型の性格②気分屋

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

B型の彼氏や彼女、友人と一緒にいて、急に不機嫌になって戸惑った経験はありませんか?気分に応じて態度や言動がコロコロ変わる気分屋なこともB型の特徴です。

さっきまでニコニコしていたのに、ちょっとしたことで機嫌が悪くなったり、そうかと思ったらすぐに機嫌が良くなったりと色々振り回されることも多いでしょう。そんな気分屋なところが、何を考えているか分からない、対応が難しいと思われることも少なくありません。

●B型の性格③裏表がない

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

B型の人は、良くも悪くも感情がストレートに相手に伝わりやすいです。表裏がなく、嫌なことはすぐに顔に出ててしまうので、分かりやすい性格とも言えるでしょう。感情をあまり隠すことをしないので、ストレスも抱えにくいです。

2面性を持って使い分けるような器用なことは苦手とし、人に媚びたり、ゴマをするようなことは基本的にしません。本音と建前を使い分けられないタイプです。表裏がないので人から信頼されやすいですが、たまに空気が読めずトラブルを招くこともあります。

●B型の性格④ポジティブ

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

ポジティブな性格は、B型の最大の特徴と言っても良いでしょう。物事をあまり深く考えない楽天家で、悩みがあったとしても、「くよくよ悩んでいても仕方がない」「終わったことを悔やむよりも先が大事」と考え方をシフトします。

もちろんB型でも落ち込むことはありますが、人よりも立ち直りが早いです。どうにもならない困難にぶつかったとしても、「どうにかなる」というポジティブ精神で乗り切ります。プラス思考で前向きな考え方ができるB型は、周りを明るくさせ、良い刺激を与えてくれるでしょう。

●B型の性格⑤合理主義

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

B型は基本的に感覚で動く自由人なので、ルールに縛られることを嫌がります。合理主義で、自分が“無駄なこと・意味がない”と思ったことは、なかなかやりたがらないでしょう。しかし、徹底的に効率化を計ろうとするので仕事ができるという評価を得ることも多いです。

●B型の性格⑥寂しがり屋

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

楽天的で明るいB型ですが、自由奔放でありながら、実は完全な孤立は嫌う寂しがり屋です。放っておかれるのが嫌で拗ねて機嫌をそこねてしまうこともあるでしょう。B型が社交的で、楽しく盛り上がる場が大好きなのは、人と触れ合っていたいという気持ちからくるものなのかもしれません。

しかし、1人時間も大切にするタイプなので、常にグループ行動をするのは好きではないようです。”寂しがり屋だけど1人時間も好き”という、その時々で違った顔を見せるのもB型の特徴と言えるでしょう。

●B型の性格⑦ツンデレ

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

B型は、あまり人に甘えたり頼ったりすることはありません。しかし、恋人や心を許した相手には、違った顔を見せるツンデレな面も持っています。寂しがり屋なところも相まって、一緒にいる時は、甘えてきたり寂しがったり、特に付き合い始めはベタベタしてくることも多いです。

逆に付き合いが長ければ長いほど、ドライな対応になるのも特徴です。メールやLINEの返事か短くなったり、一緒にいても言葉が減ったなと感じることもあるでしょう。しかしこれは決して気持ちが冷めた訳ではないので心配しなくて大丈夫です。程良い距離感、心地良い関係が築けていると捉えて安心して下さい。

■B型に共通する恋愛あるある

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

続いては、B型に共通する恋愛傾向を“あるある形式”でご紹介します。扱いにくいイメージが強いB型ですが、いったいどんな恋をするのでしょうか。アプローチしたい相手がB型の場合は要チェックです!

●恋愛あるある①好きになったら一途

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

興味を持つととことんのめり込むB型は、恋愛に対しても同じです。1度本気で好きになれば、一途に相手を想います。好きな相手に対しては「何でも力になってあげたい」と本気で考え、尽くしてくれるでしょう。寝ても覚めても恋人のことばかり考えて何も手につかなくなることも、B型の恋愛あるあるです。

しかし好奇心旺盛のB型は、恋愛において熱しやすく冷めやすい傾向があります。基本的に飽きっぽい性格なので、急に心変わりしてしまうことも少なくありません。「あんなに一途に想ってくれていたのに…」とB型に振り回されてしまうことも多いでしょう。

●恋愛あるある②束縛されたくない

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

自由奔放なB型は、束縛されることが苦手です。「どこにいるの?」「誰と会ってたの?」と、逐一連絡してくたり、毎日LINEやメールをし合うのも嫌がるでしょう。あまりにしつこく連絡してしまうと、そのうち既読スルーや返事が来なくなることもあります。

行動を制限されたり、頻繁な連絡のやり取りで自分の気持ちや時間を束縛される恋愛を嫌うので、そのような恋愛を好む相手とは長続きしないでしょう。B型と付き合うには、束縛せず、ペースを理解して合わせてあげることが上手くいくコツです。

●恋愛あるある③甘えん坊

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

B型は基本的に寂しがり屋で甘えん坊です。サバサバしていながら、時には甘えた態度をみせるツンデレタイプなので、そのギャップにキュンとくる人は多いでしょう。

人前であまり甘えることはありませんが、2人きりになった途端に甘えん坊になるのがB型の恋愛あるあるです。B型というと悪いイメージにとられやすいですが、実は愛されキャラで異性からモテる人が多いのです。

●恋愛あるある④失恋を引きずらない

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

前向きなB型は、失恋もズルズル引きずるようなことはありません。「終わったことは仕方がない」と割り切り、気持ちをスパッと切り替えることができます。どうにもならないことに無駄な労力を使わないのです。

失恋したら確かに落ち込みますが、B型は立ち直るスピードが驚くほど早いです。1つの恋愛が終わったら、次の出会いに繋がるとプラスに考え、前だけを向き、後ろを振り返ることはないでしょう。

■血液型別で見るB型との相性

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

血液型によって性格が違い、血液型によって相性の良い悪いがあると言われています。では、個性的なB型はどの血液型との相性が良いのでしょうか。B型とそれぞれの血液型の相性を見ていきまょう。恋人や好きな人がB型ならば、自分との相性をチェックしてみて下さい!

●B型 × A型の相性

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

真面目で几帳面なA型と、自由奔放で大雑把なB型は真逆の性格です。性格が違いすぎる故に、相性が悪いと思われがちですが、意外とB型×A型のカップルはいます。何かと細かいことが気なるA型は人とぶつかることも少なくありませんが、B型は気にならないので喧嘩に発展しにくいのです。

A型には金銭面に細かい人が多いので、どんぶり勘定のB型の無駄遣いにブレーキをかけることができ、結婚に向いているカップルとも言えるでしょう。しかし、A型の方がB型に対してイラっとすることは多々あるようなので、B型は思ったことを全て口にしない方が良いかもしれません。

●B型 × O型の相性

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

決断力のあるO型と、思い立ったら直ぐに行動するB型は、ビジネス上でも恋愛でも相性抜群と言われています。O型とB型は似た特徴を持ち合わせているので、ぶつかり合うことも少なく、一緒にいても楽でしょう。

B型のマイペースさも、大らかなO型にはあまり気になりません。相性抜群なので、恋愛関係になれば長続きしやすい傾向にあり、周りが羨むくらいのラブラブカップルになるでしょう。しかし、両方とも大雑把な性格でもあるので、一緒に暮らす場合は生活の乱れに少し注意が必要です。

●B型 × AB型の相性

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

ドライな性格のAB型にとって、自らアプローチをしてくれるB型に嬉しさを感じるようです。1人の時間を大切にしたいB型と相性も悪くなく、程良い距離感を保てるカップルとなるでしょう。

ただし、少し馴れ馴れしさもあるB型に対してストレスを感じるAB型もいるようで、一概にB型の全てを受け入れられる訳ではなさそうです。また、B型は明るい性格、AB型は静かにしていたい性格なので、そこで違和感が生じる場合もあります。

●B型 × B型の相性

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

B型同士の恋愛は、お互い主張が強いことでぶつかり合いやすく激しい喧嘩もしますが、直ぐに気持ちを切り替えられるので長引くことはなく早く仲直りできます。グチグチと終わったことに文句を言う訳でもなく、気遣いすることもないので、一緒にいて楽しく笑顔が絶えないでしょう。

似ているからこそ相手を理解することができ、ポジティブ同士なのでトラブルも2人で乗り越えることができます。ただし、お互い熱しやすく冷めやすい性格なので、恋愛も短命に終わることも少なくありません。

■B型の芸能人

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

個性が強く、天才肌でもあるB型は、才能な必要な芸能界でも多くの方が活躍しています。最後は、誰もが「なるほど!」と納得する、B型の性格が顕著に表れている芸能人をご紹介ます。

●B型の芸能人①YOSHIKI

日本が誇る世界的ミュージシャン、X JAPANのリーダーYOSHIKIさんです。TVでは、温厚なイメージが強いYOSHIKIさんですが、実は破天荒な性格で知られており、B型らしい数々の伝説を残しています。

少しでも気にくわないことがあると、収録中であってもドラムやセットを壊したり、ある時は辛いカレーにブチ切れてテーブルをひっくり返し、リハーサルもせずに家に帰ってしまったそうです。これは、「YOSHIKIカレー事件」として語り継がれています。

●B型の芸能人②明石家さんま

日本を代表するお笑い芸人、明石家さんまさんもB型です。B型は基本自分のことが大好きですが、さんまさんも自分が出演した番組は全てチェックする自分大好き人間です。さんまさんのB型らしいエピソードが、娘さんの名付けでしょう。

さんまさんは、1985年に起きた「日本航空123便墜落事故」を1便早い飛行機に予約変更した為免れています。この経験から”生きてるだけで丸儲け”=”IMARU”が名前の由来です。正にB型特有の、楽観的・前向きなエピソードではないでしょうか。

●B型の芸能人③米倉涼子

クールでかっこよく、女性も憧れる米倉涼子さんも典型的なB型人間です。サバサバしていて人に媚びないところは、画面を通じても分かるでしょう。

米倉涼子さんは、ブロードウェイの舞台に立つという夢を、ミュージカル「CHICAGO」で主演デビューという形で実現しています。これはアジア出身として初の大抜擢で、米倉涼子さんの努力の末に手にした快挙です。”興味があることはとことんやる”というB型特有の典型的なエピソードです。

●B型の芸能人④綾瀬はるか

No image

(画像=引用:ホリプロオフィシャルサイト、『KASHI KARI』より引用)

B型と聞いてちょっと意外な芸能人と言えば綾瀬はるかさんです。天然キャラで誰からも親しまれ、のんびり屋のイメージもありますが、一旦仕事のスイッチが入ると周りが目に入らないほど没頭するそうです。芯が強く仕事に対してストイックなところが正にB型らしい性格です。

「思ったことは何でも口に出してしまう」と自身でも語っており、明るくて個性的、自由奔放な綾瀬さんを見れば、B型であることも納得できるのではないでしょうか。

■B型の性格や恋愛傾向を理解しよう

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

B型と言っただけでその場に微妙な空気が流れたり、引かれたりすることは、B型のほとんどの方が経験しているのではないでしょうか。確かにB型は自己中でわがままなところもありますが、それに勝る魅力をたくさん持っています。

明るくてポジティブ、好奇心旺盛で行動力があるのもB型の大きな特徴です。恋人がB型であれば、ぜひ本記事を参考に性格や恋愛傾向を理解して、個性的なB型と上手く付き合っていきましょう。

提供元・KASHI KARI

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加