【京都牝馬S】戦い終えて

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/21

▼2着ギルデッドミラー(福永)以前はモタれていたけど今日は見せなかった。馬場や展開を考えれば、よく差を詰めている。

▼3着ブランノワール(団野)二の脚が速くなかったし、追走に苦労しました。それでも、あの位置からよく伸びてくれました。

▼4着アイラブテーラー(河内師)脚は使ってくれたけど、馬場が良すぎた。

▼5着シャインガーネット(田辺)外めの枠で厳しいところを通った。この距離で流れる展開を期待していたが…。

▼6着アマルフィコースト(幸)流れに乗れたけど、最後は同じ脚色になってしまいました。

▼7着メイショウケイメイ(古川)久しぶりにこの馬らしい脚を使ってくれました。

▼8着ヤマカツマーメイド(国分恭)落ち着いていたし、連闘は問題なかった。ただ、うまくさばけなかった。

▼9着リバティハイツ(和田竜)スタートを決めて好位につけたけど、前に馬を置かないと脚がたまらないのかな。

▼10着ビッククインバイオ(武豊)流れに乗れたけど、切れ負けしてしまった。

▼11着リリーバレロ(松山)(前走から)間隔は短かったけど体が増え、いい状態で出走できましたが…。

▼12着マリアズハート(藤井)距離は問題なかったが、いい位置を取れなかった。

▼13着アフランシール(秋山真)出遅れて流れに乗れなかったです。

▼14着カリオストロ(北村友)スタートで跳び上がったし、内にモタれるところもありました。

▼15着アンリミット(城戸)いい位置で運べたけど、勝負どころから厳しくなってしまいました。

▼16着メイショウショウブ(国分優)手術明けだったので。使いつつかな。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加