石原良純、『週刊さんまとマツコ』でお天気業界の最新事情を解説 朝ドラ効果も

石原良純、『週刊さんまとマツコ』でお天気業界の最新事情を解説 朝ドラ効果も

  • Sirabee
  • 更新日:2022/01/15
No image

週刊さんまとマツコ』(TBS)が、16日の夜6時30分から放送される。気象予報士としても活躍する石原良純をゲストに迎え、朝ドラ効果で注目度急上昇の“お天気業界”について掘り下げる。

■石原・強烈キャラ気象予報士ら集結

同番組では、国民的お笑い芸人の明石家さんまと、日本を代表する“さんまファン”かつ“最強のおしゃべり相手”マツコ・デラックスが、「いま話題の人・トピックス」についてしゃべり倒す。

16日のゲストは、気象予報士としても活躍する石原。そして、“新世代”の強烈キャラ気象予報士&人気お天気キャスターたちが集結する。平成ノブシコブシ・吉村崇の進行のもと、お天気業界でいま注目されている会社の魅力や、気象予報士として活躍するのに必要なことなどを語り尽くす。

関連記事:『めざまし8』呼吸がしやすくなる「マスクの着け方」に反響 これは簡単…

■名物キャストの紹介

気象予報士が主人公のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』が放送された効果もあってか、8年ぶりに受験者が4,000人を超えるなど、いま注目されているという「お天気業界」。

まず石原は、お天気キャスターの礎を作ったという森田正光氏、木原実氏、天達武史氏ら名物キャスターを紹介する。

森田氏に勧められて気象予報士になったという石原は、「お天気キャスターのひな形を作ったのは森田さん」と説明。そして、キャスターにとっては「予報と伝達」や「身近な存在でいること」が大切だと熱弁する。

■新世代気象予報士

また、個性が強めの新世代の天才気象予報士“わぴちゃん”が紹介される。17歳で気象予報士試験に合格したといい、空が大好きで、雲の写真撮影をライフワークにしている彼女。

お気に入りの写真を紹介しつつ雲の魅力や楽しみ方などを解説する。

■ウェザーニューズの人気キャスターたち

このほかにも、お天気業界でいま“独走状態”と言われている「株式会社ウェザーニューズ」の魅力を紹介。さらに「2021年の好きなお天気お姉さんキャスター」トップ10に入っている「ウェザーニュースキャスター」も登場する。

“あざとかわいい港区女子キャスター”、“コスプレが大好きオタクキャスター”、“元ミスソフィア! 癒やし系キャスター”という面々が、趣味や将来の夢などを語る。さんま&マツコも興味津々の、若者が憧れる注目の業界の裏側とは…。同番組は、16日夜6時30分から放送だ。

・合わせて読みたい→クリスマスの天気を気象予報士が解説 顕著な大雪で交通影響の恐れ

(文/Sirabee 編集部・マツノミユ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加