エアバスA380型機の部品500点以上、オークションで販売 10月13日〜15日、オンラインでも

エアバスA380型機の部品500点以上、オークションで販売 10月13日〜15日、オンラインでも

  • Traicy
  • 更新日:2022/09/23
No image

エアバスは、エアバスA380型機の機内装備品などをオークション販売する。

今年2月に、オークションを開催することを発表していた。ランプ、バー、階段、手すり、台車、座席、コックピットの脱出ロープなどの500以上の品を出品する。収益はエアバス財団やAIRitage協会に寄付する。

出品する部品のほとんどは、2008年10月23日に就航した、エミレーツ航空で運航されていた、MSN13に装備されていたもので、TARMAC Aerosaveが解体した。ビジネスクラスの座席などは、他の機体のものとなる。ブレードなどの一部のパーツは、アーティストにより芸術作品に仕上げている。

開催日は10月13日から15日までの3日間で、フランス・トゥールーズのほかオンラインで開催する。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加