引き立て役に甘んじるつもりはさらさらない! サンウルブズが日本代表の本気を引き出す!!

引き立て役に甘んじるつもりはさらさらない! サンウルブズが日本代表の本気を引き出す!!

  • ぴあニュース
  • 更新日:2021/06/11

2019年10月20日以来のゲームである。日本代表が『ラグビーワールドカップ(RWC)2019』準々決勝・南アフリカ戦以来の試合に臨む。1年8か月ぶりとなるサンウルブズとのゲームへ、ジェイミー・ジョセフヘッドコーチは以下のメンバーを送り出した。

【日本代表(JAPAN XV)】
1稲垣啓太(パナソニック)、2坂手淳史(パナソニック)、3ヴァル アサエリ愛(パナソニック)、4ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ)、5ジェームス・ムーア(宗像サニックス)、6リーチ マイケル(東芝)、7小澤直輝(サントリー)、8アマナキ・レレイ・マフィ(キヤノン)、9茂野海人(トヨタ自動車)、10田村優(キヤノン)、11ゲラード・ファンデンヒーファー(クボタ)、12中村亮土(サントリー)、13ラファエレ ティモシー(神戸製鋼)、14レメキ ロマノ ラヴァ(宗像サニックス)、15山中亮平(神戸製鋼)、16堀越康介(サントリー)、17クレイグ・ミラー(パナソニック)、18垣永真之介(サントリー)、19ジャック・コーネルセン(パナソニック)、20テビタ・タタフ(サントリー)、21ピーター・ラブスカフニ(クボタ)、22齋藤 直人(サントリー)、23松田力也(パナソニック)、24シェーン・ゲイツ(NTTコム)、25シオサイア・フィフィタ(近鉄)

先発15名中13名が『RWC2019』組となった理由について、ジョセフHCはこのように説明した。

「我々にとって最初の試合、ある程度ゲームを理解しているメンバーということで『RWC2019』に出場した選手たちに試合に出る権利があると思い選んだ。これから世界で戦うためにどこまでできるのか見てみたい気持ちもある」

そんな中スタメンに割って入ったフランカー(FL)小澤、ウイング(WTB)ファンデンヒーファーの評価を聞かれると、指揮官はこう答えた。

「小澤はこれまでも代表に呼んだこともあるし実際にコーチングもしたが、ケガでチームに入ることはできなかった。彼は安定感があり、キャリーが素晴らしい、これからステップアップすることが大事。ファンデンヒーファーは強いWTB、英国遠征から松島(幸太朗)も合流するが、その前に彼に先発としてチャンスを与えた。フィフィタ、(サンウルブズへ回った)高橋らエキサイティングな選手を見られるのをうれしく思う」

今回の対戦相手であるサンウルブズには日本代表選手たちもメンバーに入っている。一見すると紅白戦のように思われがちだが、ジョセフHCは否定した。

「この試合は難しい。相手には素晴らしいコーチ、選手が揃っているが、プレッシャーがない。我々はプレッシャーの中でコントロールしてプレーすることが大事になる。(サンウルブズ・大久保直弥HCとのゲームプランの共有は)そういった話は一切していない。選手を選考して出しただけ。我々としてはとにかくタフなゲームをしたい。たとえケガがあったしてもタフなゲームがしたい」

サンウルブズ戦のテーマについて質問が飛ぶと、ジョセフHCはこのように返答した。

「基本的にライオンズ戦の準備、まず試合の入りを冷静にコントロールしなくてならない。『トップリーグ』と明らかにフィジカリティが違う相手と戦うための準備もしなければならない。またプレッシャーがなく自由にやってくるサンウルブズを相手にパンチを放つこと。次の試合ではこの3つをやっていきたい」

ジョセフHCはリーチのリーダーシップを改めて称えた。

「新しい選手たちは今回の合宿でサプライズもあっただろう。『トップリーグ』とは異なるインテンシティやフィジカリティを経験した。そんな中リーチらリーダー陣が積極的に新たな選手たちの成長の手助けをしてくれた。強度の高い練習、フィジカルのところは選手にとってチャレンジだっただろうが、それを乗り越えてくれた。あとはしっかり前へ向いていくだけ、選手たちが持っているものをすべて出し切ることが大事」

日本代表の相手という重責を担うサンウルブズの試合登録メンバーは次の通り。

【サンウルブズ】
1森川由起乙(サントリー)、2庭井祐輔(キヤノン)、3北川賢吾(クボタ)、4長谷川崚太(パナソニック)、5ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機)、6リアキ・モリ(日野)、7エドワード・カーク(キヤノン)、 8ベン・ガンター(パナソニック)、9荒井康植(キヤノン)、10山沢拓也(パナソニック)、11尾﨑晟也(サントリー)、12梶村祐介(サントリー)、13ディラン・ライリー(パナソニック)、14髙橋汰地(トヨタ自動車)、15野口竜司(パナソニック)、16彦坂圭克(トヨタ自動車)、17三浦昌悟(トヨタ自動車)、18淺岡俊亮(トヨタ自動車)、19秋山大地(トヨタ自動車)、20布巻峻介(パナソニック)、21中嶋大希(NEC)、22前田土芽(NTTコム)、23鹿尾貫太(ヤマハ発動機)、24竹山晃暉(パナソニック)

6月10日、メンバー発表会見に臨んだ大久保HCは「一昨日からジャパン組が合流してきて、日曜日(6月6日)からいるメンバーがどう戦うか彼らがチームを引っ張ってくれている。いわゆる寄せ集めではなく、非常に気力も充実して、いい準備ができている」と手応えを口にした。

大久保HCは日本代表の引き立て役に終わるつもりはないと言い切る。

「このレベルの選手はモチベーションがどうこうというレベルの選手ではない。スピードやスキルも大事だが、適応力が大事。“あれができない”“これができない”ではこの先生き残ってはいけない。選手たちがチームとして覚悟を決めて準備している姿はコーチとして見て取れている。ジャパンの引き立て役になろうとここにやって来た選手はいない。勝負で勝とうという気概を持って臨んでくれている」

具体的にどう日本代表に挑むのかという質問には、こう返答した。

「今週24人で戦うが、速さやテンポ、どこからでもアタックを仕掛けるところなどジャパンに似たところはある。そもそもサンウルブズは海外遠征へ行っても練習できるのはせいぜい1・2日。その辺の瞬発力・対応力は選手たちが発信してくれている。コーチとして細かいところまで作り込むのではなく、コーチが大枠を作って、選手たちがコミュニケーションを取って作り上げていくのがサンウルブズのスタイル。今は毎日自信を積み上げているところ」

今回の試合のテーマについて、大久保HCはサンウルブズのスローガンを挙げた。

「キープハンティング。サンウルブズ最後の年のスローガンであるが、『RWC』後に次の『RWC』へ向けて、次の代表の座を掴みにいくのがサンウルブズの存在意義。ポジションは選手たちが自ら掴みにいくもの。今回センター(CTB)の梶村が中村へどんなプレーするのか、10番の山沢もそう。若い選手たちがどう挑むのか。もちろん勝ち負けにこだわらないと意味がない、そこの真剣勝負を見たいし、楽しみにしている」

大久保HCはキャプテンにミスターサンウルブズこそカークを指名。6月7日のメディア対応へ出席したFLは熱い思いを口にした。

「二度とサンウルブズでプレーすると思っていなかったので、とてもうれしい。日本に最初に来てサンウルブズとサインした。再びサンウルブズで試合できることをうれしく思う。最初のミーティングでジャパンのライオンズ戦の準備のための試合ということは理解したが、サンウルブズのジャージを着ることは大事。この5年のサンウルブズの歴史をぶつけようと話した。まず自分自身がいいパフォーマンスを出す。最初にサンウルブズでプレーした頃のようなプレーを見せたい。過去の試合を見てみんなでサンウルブズを理解してエキサイティングなラグビーをしたい。みなさんが知っているサンウルブズのエキサイティングなラグビー、ボールを動かすラグビーをしたい。1週間しか準備期間がないが、準備期間がないのがサンウルブズのカルチャー」

カークは今回のサンウルブズ参戦のため、帰国を先延ばしにした。

「9か月もの間家族に会ってなかったのでいち早く会いたかった。でもせっかくこのようなチャンスがあるのなら日本に残ろうと決めた。日本へ来るチャンスをもらったサンウルブズへの恩返しもある。ファンへも恩返しをしたい。4週間サンウルブズのために日本にとどまるのは難しい判断ではなかった」

6月7・9・10日とメディア対応は実施され、サンウルブズの面々は次のように意気込みを語った。

布巻「モチベーションはシンプルに日本代表と試合できる。声をかけていただいた喜びもある。結果的に自分への色んな選択肢を増やす、色んな可能性が広がるゲーム。でも最初はシンプルに楽しそう。(日本代表への思いは)もちろんこの試合に出ないとそのチャンスはないので、プレーを見てもらうためにこの試合に出ないとという思いはある」

野口「ここに来たからには『トップリーグ』のどこのチーム所属とかではなく、サンウルブズとして試合までに学んで、試合で実行しようと。

(『RWC2019』で)外されたのは自分に足りないものがあるということ。ディフェンスの安定感が足りないと思い昨季からやってきたが、代表のメンバーを見てアタックの能力とか詰めたい。
(山中とのマッチアップは)神戸戦でもやっているので、もう一度戦えるのは楽しみ。(沢木スペシャルのアタックは)あるんじゃないですか。僕らとしては自信を持ってアタックできるものがあるので、楽しみにしている」

山沢「メンバー的には若い選手が多かったり、代表メンバーの方から合流して来たり、準備期間も1週間だったり、今までのサンウルブズとそんなに違いはないのかなと思う。自分の中では割り切っている。サンウルブズとして試合を楽しむことにフォーカスしている。
(短い時間でのアタックの組み立てについて)詰め切れないところあるが、そこが味になると言うか、個の強みを生かすことによって面白いことになる」

梶村「今季チームであんまり試合に出られなかったので、自分を成長させる機会と思っている。代表は意識していない。

今回のジャパンの両CTBは『RWC』を経験しているし、中村さんは同じチーム、そういう意味で楽しみ。亮土さんを狙うわけではないが、サンウルブズとして戦いたい。山沢さんと一緒にやるのは高校3年以来、スピードあるディラン・ライリーがいるので、かなり面白いラインになるのではと思っている」

秋山「素直にうれしく思う。自分自身チャンスだと思うのでしっかりプレーしたい。自分の武器は80分間泥臭いプレーをやり続けることなので、それを出し続けたい。
相手が『RWC2019』でベスト8になったチームなので、サンウルブズとしても、自分としてもどれだけやれるか楽しみ」

『リポビタンDチャレンジカップ2021』日本代表×サンウルブズは6月12日(土)・エコパスタジアムにてキックオフ。チケット発売中。試合の模様はBS日テレにて生中継。日本代表はサンウルブズ戦後に英国遠征『ラグビー日本代表リポビタンDツアー2021』へ出発。6月26日(土)・エディンバラ(スコットランド)にてブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ戦、7月3日(土)・ダブリン(アイルランド)にてアイルランド代表戦を行う。

取材・文:碧山緒里摩(ぴあ)

チケット情報
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b2171036

ishii

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加