【CL分析】マンC対PSG指揮官ポチェッティーノの限界「変化に対応しないチームの末路」【PSGはなぜグアルディオラに逆転負けしたのか】(2)

【CL分析】マンC対PSG指揮官ポチェッティーノの限界「変化に対応しないチームの末路」【PSGはなぜグアルディオラに逆転負けしたのか】(2)

  • サッカー批評Web
  • 更新日:2021/11/27
No image

ペップ・グアルディオラ監督 写真/原悦生

UEFAチャンピオンズリーググループA第5節マンチェスター・シティvsパリ・サンジェルマン2021年11月24日(日本時間29:00キックオフ)】

関連:【チャンピオンズリーグ分析】マンチェスター・シティ対パリ・サンジェルマン「メッシ・ムバッペ・ネイマールより重要だった選手」の不在【PSGはなぜグアルディオラに逆転負けしたのか】(1)

63分、左サイドで押し込まれたところから中央にいるロドリにボールが渡ると、PSG全体が固まってしまった。ロドリは右サイドを一気に駆け上がったウォーカーへ中弾道のパスを悠々と通し、ダイレクトで折り返されたボールがジェズスに当たりながらスターリングへ繋がってゴールとなった。

右サイドの守備にあたっていたメンデスとイドリッサ・ゲイェはどちらも手前にいたイルカイ・ギュンドアンに意識を向けており、ウォーカーのランに対応できなかった。絞ったところから最奥を突く、という攻撃はシティの十八番だ。前半からサイドでボールを持たれることを許容し続けたポチェッティーノ監督だったが、それには特別な狙いがあるわけではなく、シティ対策をチームにもたらすことができていないことが結果で表れることになってしまった。

このゴールシーンを見たポチェッティーノ監督の対応は、中盤の足が止まってしまっているからリフレッシュさせる、というものだった。

サイドでボールを持たれることについて守り方を変更することはなく、シティのアタッカーが増えた部分に対しても特別な修正を加えることはなかった。

それを見たグアルディオラ監督はジェズス以外の選手交代を使わず、このまま続ければ勝てる、と読んだ。

■PSGは逆転負け

そして76分、右サイドの深い位置でギュンドアンがボールを持つと、マフレズに下げたところから大きくペナルティエリア内の左サイドへ。ベルナルド・シウバがフリーでそれを受け、やはりフリーになっているジェズスに折り返すと、丁寧に流し込んで逆転ゴールが生まれた。

サイドでボールを持たれた時の対策がないままだった、ということに加え、マフレズのロングボールに対してエリア中央にはマルキーニョスとハキミの2人がいたものの、アタッカーを増やされていたことでジェズスとスターリングの2人につかなければならず、その奥にいたシウバがフリーとなってしまっていた。

マフレズにボールが渡ったタイミングで、ハキミは自身の後ろにいるシウバを確認している。しかし、よりゴールに近い位置にいるジェズスに一旦つくしかなかった。PSGは、ポチェッティーノ監督がシティの変化に対応しなかったツケを逆転負けという結果で払うことになった。

前回の対戦や今回の先制ゴールのように、選手任せでも噛み合えばPSGはシティを上回る破壊力を持っている。しかし、それだけでは目標であるCL制覇までひたすら一か八かのギャンブルを繰り返すことになる。

■PSGは確実性で大きく劣る

この試合でそうだったように、シティに限らず、チェルシーリバプールらハーフタイムを待たずして試合途中での修正の応酬が当たり前になっている現在のプレミアリーグトップグループと比べると、PSGは確実性で大きく劣る。スーパーな存在だったヴェッラッティの不在は、その現実をわかりやすく見せた。

試合後、イングランドまで駆け付けたパリジャン達はブーイングで不満を露わにした。ポチェッティーノ監督は「0-0のハーフタイムでいくつか問題を解決し、1-0で試合をコントロールできた」と強がったが、その後の策の無さを見せてしまったことで虚しく響くコメントになった。

セルヒオ・ラモスが加わった3バックという選択肢も出てきた中で、ポチェッティーノ監督のチームコントロール、そしてゲームコントロール能力に対して懐疑的な声が高まっている。マンチェスター・ユナイテッドの監督に就任するのではないか、という噂も出ているが、果たして決勝トーナメントでのPSGはどうなるだろうか。

■試合結果

マンチェスター・シティ 2-1 パリ・サンジェルマン

■得点

50分キリアン・ムバッペ(パリ)

63分ラヒーム・スターリング(シティ)

76分 ガブリエル・ジェズス(シティ)

いま一番読まれている記事を読む

サッカー批評編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加