川口花火大会、3年ぶり開催へ 有料席の客、地元50店のグルメフェスも楽しめる 無料エリアも用意

川口花火大会、3年ぶり開催へ 有料席の客、地元50店のグルメフェスも楽しめる 無料エリアも用意

  • 埼玉新聞
  • 更新日:2022/08/06
No image

川口花火大会 3年ぶり開催

埼玉県川口市の荒川で行う川口花火大会(川口商工会議所主催)が11月5日に開催されることになった。第1回が2019年5月に開催され、見物客は5万人だったが、以来コロナ禍で中止が続き、3年ぶりの開催となる。

京浜東北線の鉄橋の上流側の河川敷が打ち上げ場所となり、その堤防側が有料席となる。チケットは12日から販売を始める。1卓4人のガーデンチェア席は約1100席を用意、1卓4人分で2万4千円。土手シート席は約4千人を想定し、1人3千円。有料席の観客向けに地元50店舗による川口グルメフェスを開催する予定。

打ち上げ場所より上流側に無料エリアを用意する。問い合わせは、花火大会実行委員会(電話048・228・2220)へ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加