“さいたまダービー”のトレーニングマッチは浦和に軍配 MF小泉佳穂が2ゴール、新監督の下で好調アピール

“さいたまダービー”のトレーニングマッチは浦和に軍配 MF小泉佳穂が2ゴール、新監督の下で好調アピール

  • FOOTBALL ZONE
  • 更新日:2023/01/25
No image

浦和が大宮とのトレーニングマッチに勝利【写真:Getty Images】

小泉の2ゴールに加え、明本と関根の得点で4-1勝利を飾る

J1浦和レッズとJ2大宮アルディージャは、ともに沖縄県でトレーニングキャンプを実施中の1月25日にトレーニングマッチを実施。MF小泉佳穂の2ゴールなどで浦和が45分2本のトータル4-1で勝利した。

ともに埼玉県さいたま市をホームとする“さいたまダービー”は、大宮がJ2に降格した2017年からは公式戦で実現していないが、昨年もこのキャンプ中にトレーニングマッチを行っていた。その時は非公開での実施だったが、今回は公開された試合とあって、平日の午後とはいえ多くのサポーターの姿もあった。また、スタンドには京都サンガF.C.の曺貴裁監督や北海道コンサドーレ札幌、ガンバ大阪、ベガルタ仙台の関係者の姿もずらり。また、来年のパリ五輪を目指す世代のU-22日本代表を率いる大岩剛監督も視察に訪れていた。

立ち上がりの5分間ほどは大宮が押し込む場面を作ったが、その後はマチェイ・スコルジャ監督が就任して1年目になる浦和がゲームを支配。前半13分にはゴール前でショートパスが数本つながったところから、小泉が技巧的なループシュートを決めて先制に成功。また、前半32分には敵陣で素早く攻撃を完結する速攻から、FW髙橋利樹のシュートがこぼれたところを小泉が押し込んだ。

また、前半アディショナルタイムには攻撃参加したDF酒井宏樹のアシストで、DF明本考浩が追加点を奪った。後半12分にもセットプレーの2次攻撃からMF関根貴大が得点して4点差とした浦和は、後半28分に自陣のつなぎからミスが出て大宮のFW富山貴光のゴールを許したものの、トータル4-1での勝利で今季初のJクラブとの対外試合を勝利で飾った。

浦和は今後、1月29日にサガン鳥栖とトレーニングマッチを行って沖縄県キャンプを終了。大宮は2月1日までキャンプを行い、ともに2月18日のリーグ開幕戦に備えていく。(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

轡田哲朗

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加