コウモリ駆除方法!自分で出来る対処法を徹底解説

コウモリ駆除方法!自分で出来る対処法を徹底解説

  • TravelBook(トラベルブック)
  • 更新日:2022/06/23

「家の軒下でガサガサ音がする」「フンが大量に落ちている」など、知らない間にコウモリが家に侵入してしまいお困りの方はいませんか。日本でよく見かける野生のコウモリは人間に対して直接被害を加えることはありませんが、ダニや病原体が体中に住み着いており、衛生的ではありません。病原菌だらけのコウモリが家の中に巣を作り、人間がその空気を吸い込むとアレルギーや喘息などの原因にもなります。そのため、できれば速やかに駆除することが望ましいです。しかし、コウモリは法律により自分たちで勝手に捕獲してはいけない決まりになっています。そのため専門業者に駆除をお願いすることが一般的ですが、自分たちでもコウモリを追い払ったり、寄せ付けないようにしたりする対策をご紹介していきます。{★印の部分に250〜300文字程度の概要文を記入してください。★印、この指示書は削除して書いてください。}[消さないでください]執筆が終わりましたら、以下の項目の◯白丸を●黒丸に変えてください。全部●がつくか、●にできないものは理由を記載して提出をお願いします。●長い固有名詞が含まれるものを除き、15文字以上他サイトと同じ表現になっていない。(コピペのままになっていない)●要件定義のキーワードが適切に盛り込まれている●概要文・本文ともに指定文字数を守って、執筆漏れなく全て執筆している●【消さないでください】と書いてある項目を除き、指示書きや参考URL、文章をくくる「」など、掲載において不要なものを削除している→{ }で括られた部分は全て削除して下さい。●基本的な日本語が整っている(誤字脱字、主語述語の乱れ、接続詞の多用、同じ文末表現の多連続などがない)<理由>●にできないものは理由を記載下さい

ファミリーのライフスタイル記事を探す

コウモリは自分で駆除できる?

No image

家にコウモリが侵入しているのを発見してしまったら、すぐにでも捕まえたいと思う人もいるかもしれません。確かにコウモリは不衛生で人間の生活にも害を及ぼすため、可能な限り早く処置をした方が良いでしょう。しかし、コウモリは一般的に捕獲や殺傷をしてはいけないと法律で決められています。そのため、自分たちで駆除をしたい場合は「追い出す」「侵入口を塞ぐ」「寄せ付けない」という方法に限られます。

駆除のための捕獲や殺傷は法律で禁止

コウモリは「鳥獣保護管理法」という法律によって守られており、一般的に捕まえたり殺したりしてはいけない決まりになっています。生物の多様性の確保と生活環境保全を目的に作られた法律で、哺乳類の野生動物を捕獲や殺傷をしてしまうと罰せられます。早く追い出したいからと言って、むやみやたらに捕獲したり殺してしまわないようにしましょう。

素手は危険!触れない方法で追い出そう

そもそも捕獲することは禁止されていますが、仮に捕まえられたとしてもコウモリは人体にとって有害です。病原菌やノミやダニなどの虫も付着しており、人間が吸い込んでしまうと病気になる可能性もあります。けして衛生的ではないため、直接触れない方法で追い出すことが大切です。そのため、自分で駆除を行うのであればコウモリが嫌うものを設置し、寄せ付けなくする方法が一番適しています。

コウモリを追い出す最適な時期

コウモリを追い出したい場合は適切な時期に行うことが重要です。コウモリはエサとなる虫が増える夏に繁殖期を迎えます。つまり、夏になると赤ちゃんコウモリが増えるのです。赤ちゃんコウモリは数ヶ月飛ぶことができないため、追い払おうとしても意味がありません。むしろ、室内に取り残された赤ちゃんコウモリが死んでしまうと、そこから病原菌やノミ・ダニなどが発生してしまいます。また、冬眠時期も動きが鈍くなるため避けましょう。

これらを踏まえて冬眠後〜繁殖期前の4〜6月、繁殖期後〜冬眠前の9〜10月が適切な時期と言えるでしょう。

コウモリを自分で追い出す方法

No image

直接捕獲や殺傷ができないため、「追い出す」「侵入口を塞ぐ」「寄せ付けない」というのが家庭でできる方法となります。コウモリによる問題を根本的に解決したいのであれば、全ての対策を取る方が確実な効果を得られるでしょう。しかし以下のいずれかの対処を行うだけでも効果はあるので自分で対処したい方はぜひ参考にしてみてください。

侵入口を防ぐ

コウモリには帰省本能があるので、追い出してもすぐに戻ってきてしまう可能性があります。そのため侵入口を特定し、二度と入れないように塞ぐことを忘れずに。特に以下のような場所から入ってくる可能性が高いので、チェックしてみてください。

窓・シャッター・雨戸のすき間

屋根・外壁のすき間や割れ目

通風口・換気口やエアコンの配管

場所に応じて塞ぎ方は異なりますが、空気の通り道が必要な通気口には金網やパンチングメタルが適しています。完全に塞いでも良い場合はパテで埋めても良いでしょう。

自作のハッカ油スプレー

コウモリはハーブ系のスーッとする匂いが苦手と言われています。コウモリ以外にもネズミやゴキブリなどの害獣・害虫は基本的にハッカのような匂いが苦手です。そこで、コウモリを追い出せるハッカ油スプレーを自作してみましょう。市販の材料を混ぜ合わせるだけで完成するのでお手軽に作れます。ただし、材料を揃えるのが大変な方は次にご紹介する市販の忌避剤を購入しても良いでしょう。

市販の忌避剤

コウモリ専用忌避剤というものが販売されています。コウモリの追い出しに特化したスプレーで、ハッカ油スプレーと同様、強烈なハッカ臭を放ちます。ノズルがついているので、狭いところへの噴射も可能。ただし、一気に強力噴射するため、スプレーの寿命は短いです。そのため、広すぎる場所には向かない場合があります。

ハッカ油スプレーの作り方

No image

ハッカ油スプレーを自作してみましょう。市販のグッズを利用すればコウモリが嫌がるハッカ油スプレーが簡単に作れます。材料は薬局やホームセンターで簡単に手に入るものばかりです。必要なものは「無水エタノール(無水アルコール)」「精製水」「ハッカ油」

「霧吹きボトル」のみ。具体的な作り方は以下で解説していきます。

ハッカ油スプレーを作る手順

ハッカ油スプレーの作り方は簡単です。無水エタノール、ハッカ油、精製水を1:3:9の割合で霧吹き容器に入れ、しっかりと混ぜ合わせます。量がわかりにくい場合はさじや計量器を使うと良いでしょう。一番簡単な分量は以下の通りです。

・無水エタノール…10ml

・ハッカ油…30ml

・精製水…90ml

これで量が少ない場合は各材料を2倍、3倍にして量を増やしてみてください。

ハッカ油スプレーを作る際の注意点

ハッカ油スプレーを作る際の注意点は2点あります。

1つ目は材料の原液に触れないようにしましょう。無水エタノールは手荒れを起こす場合があります。また、精製水は体に浸透する力が高く粘膜が傷つく恐れがあるので注意が必要です。

2つ目は混ぜるためのボトルの性質です。ポリスチレンの容器の場合、ハッカ油に含まれるリモネンという成分が溶け出してしまい効果が半減します。ポリプロピレン、ポリエチレン、ガラス製であれば問題ありません。

ハッカ油スプレーで駆除する方法

コウモリが侵入している場所を特定できれば、巣になっているところを目掛けてスプレーをかけましょう。コウモリが集まっているところに直接噴射すると、コウモリが嫌がって飛び立っていきます。飛び立つ瞬間にはホコリや菌が空中に舞う可能性があるので、マスクや帽子、ゴーグルなど身体を守るような服装で作業するようにしましょう。

コウモリ駆除は業者に依頼すべきか

No image

コウモリ駆除を始め、害虫・害獣駆除を専門に扱っている業者が全国各地に存在します。しかし、害獣駆除には費用がかかってしまうため節約したいと考える人も多いのではないでしょうか。コウモリの侵入経路がわからない場合や高所・難易度の高い場所であれば、業者へ依頼した方が確実です。状況に応じて判断するようにしましょう。

業者に依頼するメリット・デメリット

業者に依頼するメリットは確実な駆除ができ、素人では気づかないところのケアや再発防止ができることです。一方で自分で駆除するよりも費用がかかり、業者の数も多いので見積りや無料相談をするのに時間がかかってしまいます。手っ取り早く、確実に駆除したいのであれば、業者に依頼するのも一つの方法ですが、急ぐのであれば応急処置として自分で処置してみても良いでしょう。

業者に依頼する場合の費用相場

駆除1箇所あたり10,000〜30,000円が相場となっています。ただし、駆除したい場所の個数や作業内容、広さ、地域(エリア)、事業者によっても変動幅が大きくなっています。そのため、依頼する前に無料相談や複数社見積りを取ることをおすすめします。急ぎの場合はすぐに駆けつけてくれる業者もありますが、慌てて選んでしまい、高額請求されると言ったことのないように気をつけましょう。

業者を選ぶ時のポイント

コウモリ駆除業者や害獣・害虫駆除の業者の数は多く、中には法外な費用を請求してくるような業者も紛れています。そのため、業者を選ぶ際には以下の点を注意してみておくと良いでしょう。

・作業内容と費用が明確か

・地域で評判が良いか

・再発防止や消毒などの作業があるか

・万が一、再発防止した場合に保証があるか

後からトラブルを引き起こさないためにも、事前に業者としっかり相談をしておくようにしましょう。

害獣駆除110番

No image

日本全国どこでも対応している害獣駆除のプロフェッショナル。あらゆる害獣に深い専門知識を持っているため、最適な駆除方法を提案してくれる業者です。しかも駆除費用だけでなく殺菌・消毒、清掃費も込みになっており、低価格で効果の高い駆除を行っています。詳細な見積もりを提示してもらえるので、料金に関しても信頼できる業者です。

害獣駆除110番の情報
電話番号:0800-805-4182

コウモリ駆除は自分で出来る!必要に応じて業者に相談を。

No image

今回はコウモリ駆除を自分で行う方法についてご紹介しました。冒頭からお伝えしている通り、コウモリは勝手に処分することが禁じられており、自分たちで駆除するには限られた方法しかありません。「コウモリがいるかもしれない」というレベルであれば自分たちで対処できますが、大量発生してしまっているなら業者に相談する方が確実かもしれません。状況に応じて判断し、適切な対応を取れるようにしてくださいね。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加