小さな子どもは「うんち」や「おしり」という言葉が大好き。大声で連呼されたときの対応は?/おうち性教育はじめます

小さな子どもは「うんち」や「おしり」という言葉が大好き。大声で連呼されたときの対応は?/おうち性教育はじめます

  • ダ・ヴィンチニュース(マンガ)
  • 更新日:2021/10/14

性教育はいつ何から伝えるの? 大人だけど、親だけどわからないことだらけ…。幼少期、自分の体に興味を持ち始めた時が最も教えやすいタイミング。「おしり!うんち!」と連呼しだしたら、伝えるチャンスです。本書は、素朴な質問の答えから、思春期に訪れる男女の心と体の変化まで、親子で一緒に学ぶことができます。日々の家族の会話で子どもを守り、これからの時代を生き抜くための力を養う「おうち性教育」をはじめましょう。うんちやおしりなどが大好きな子ども。子どもだから仕方ない…。でも、外出中に大声で言われて困ったときは…。
※本作品はフクチマミ・村瀬幸浩著の書籍『おうち性教育はじめます 一番やさしい! 防犯・SEX・命の伝え方』から一部抜粋・編集しました。

この記事はセンシティブな内容を含みます。ご了承の上、お読みください。

この作品のイッキ読みはこちら

No image
No image
No image
No image

ダ・ヴィンチニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加