ポドルスキ「あと1、2年はプレーしたい」。新天地に望む条件は...

ポドルスキ「あと1、2年はプレーしたい」。新天地に望む条件は...

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/06/11
No image

【写真:Getty Images】

かつて日本でもプレーした元ドイツ代表のFWルーカス・ポドルスキが、現役続行の意思を語った。ドイツ『ケルナー・シュタット・アンツァイガー』が10日に伝えている。

ポドルスキは、先週トルコのアンタルヤスポルを退団。現在はフリーとなっている。36歳という年齢も考慮すると、再びトップレベルのクラブで戦う可能性は低そうだ。

だが、ポドルスキは「あと1、2年はプレーするつもりだ。楽しみたいし、良い街に住みたい」と、現役続行の意思を明かした。

メジャーリーグサッカー(MLS)挑戦の可能性について問われると、「街やクラブ、プロジェクトといった、全般的なことを重視している。とにかく、まだ決断を下すには早すぎるね」とポドルスキ。メキシコのケレタロ加入が近いという報道もあったが、まだオファーを待っている段階なのかもしれない。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加