阪神、ヤクルト小川を攻略し2連勝 大山逆転打、ボーア17号2ラン!

阪神、ヤクルト小川を攻略し2連勝 大山逆転打、ボーア17号2ラン!

  • ベースボールキング
  • 更新日:2020/10/18
No image

阪神・大山悠輔

○ 阪神 6 - 5 ヤクルト ●
<20回戦・甲子園>

阪神は2連勝で再び貯金2。初回に4点を奪うなどヤクルト先発・小川を2回途中でノックアウトした。

阪神は先制された直後の1回裏、今季初スタメン2番・板山の中前打などで一死二、三塁の好機を作ると、4番・大山が2点適時打を右前へ運び逆転。さらに6番・ボーアが17号2ランを右中間席へ運び4-1とリードを広げた。4回は3番・糸井の右前適時打などで2点を追加。4回までに計9安打で6点を奪った。

先発の秋山は5回8安打4失点(自責点3)で8勝目(3敗)。6回以降は藤浪、岩崎、エドワーズ、スアレスの継投で逃げ切り、1点差に詰め寄られながらもリードを死守したスアレスは21セーブ目(2勝1敗)をマークした。

ヤクルトは4番・村上が3ラン含む4安打5打点と孤軍奮闘するも敗戦。2回途中6安打4失点と打ち込まれた小川は6敗目(9勝)を喫した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加