八百板卓丸ってどんな選手?19年まで楽天 背番号51「イチローに近づいて」の期待

八百板卓丸ってどんな選手?19年まで楽天 背番号51「イチローに近づいて」の期待

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/09/16
No image

みこしを担ぐヒーロー3人(左から)坂本、八百板、岡本和(撮影・佐藤厚)

「巨人7-6DeNA」(15日、東京ドーム)

この日に1軍に昇格した八百板卓丸外野手が、九回の代打起用に応えてタイムリーを放ち、初打点をマークした。どのような経歴、どのような選手なのかをまとめた。

1997年1月17日生まれの24歳。聖光学院高から2014年の育成ドラフト1位で楽天に指名された。

右投げ左打ちで、俊足が持ち味の一つ。楽天で初の1軍昇格・出場を果たしたのは4年目の2018年だった。27試合に出場し、38打数7安打を放ったが、打点・本塁打はなし。盗塁を1つ記録している。

2019年は登録名を卓丸にして臨んだが、1軍出場はなし。このシーズン限りで戦力外通告を受けた。この後、巨人と育成契約を結び、チャンスを待った。

支配下契約を勝ち取ったのは、今年の2月、キャンプ中だった。原監督と並んで取材には笑顔を見せた。背番号は51で、原監督から「イチローに一歩でも近づいてほしいと願いを込めた」と期待を寄せられていた。

シーズン佳境で巡ってきたチャンス。次にまたいつあるか分からないチャンスで答えを出した。初の東京ドームでのお立ち台で、「今日登録されて、やっと巨人の一員になれた気がします。本当にうれしい気持ちです」と声を弾ませた。

起用した原監督も「そこだと思いますね」と試合のポイントになったと評価。「まだまだ若いし、彼は(前途)洋々と未来が開けていると思います」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加