西武 自力CS消滅 オリックスに3年ぶり負け越し

西武 自力CS消滅 オリックスに3年ぶり負け越し

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/19

◇パ・リーグ 西武1-4オリックス(2020年10月17日 メットライフD)

No image

<西・オ>7回1死二、三塁、中犠飛を放つ外崎(撮影・尾崎 有希)

西武は5安打で得点は7回、外崎の中犠飛での1点のみ。自力でのクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性が消滅した。

オリックス戦は昨季17勝8敗だったが、これで10勝12敗1分けとなり、3年ぶりの負け越し決定。辻監督は「戦力的には毎年変わるが、気分として負け越すのは嫌なもの。反省して今後の対策を練っていかないといけない」と渋い表情だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加