オーディオメーカーによる自動車静粛化「調音施工」受注再開

オーディオメーカーによる自動車静粛化「調音施工」受注再開

  • AV Watch
  • 更新日:2022/05/13
No image

フォーカル・オーディオ・ジャパンは、フランチャイズ運営するカーオーディオ専門店チェーン「フォーカル プラグ&プレイ ストア」で販売している、“走行音静粛化プログラム”「調音施工」(ちょうおんせこう)の受注を5月20日から再開する。

「調音施工」は、2020年夏より本格販売を開始。自動車走行時の主な騒音源である「ロードノイズ」と「エンジンルームからの透過音」の2つに的を絞って対策を行なうことで、「愛車の体感的な静けさを高める独自の走行音静粛化プログラム」として展開。

しかし、今年の2月下旬頃から、各店舗の作業能力を大幅に上回る受注になったほか、施工に使用するフォーカル製「BAMシート」も欠品の見通しとなったため、一時的に新規受注を停止していた。

今回、BAMシートの再入荷の日程が決まり、各店舗における受注残の解消に一定の目処が立ったことから、新規受注を再開するという。なお、調音施工の予約状況は店舗により異なるため、予約可能日などの詳細は「フォーカル プラグ&プレイ ストア」各店舗へ直接問い合わせるよう呼びかけている。

調音施工は、「デッドニング」とは異なり、施工するのはホイールハウス周辺のみで、希望に応じてエンジンルーム(エンジン車)またはラゲッジルーム(ピュアEV)周辺をオプション施工する。「内装を剥がしたり、フロアやドアに遮音材をびっしり貼りつけるような非効率作業は過去のもの。最小のコストで最大の効果を狙う」という。

FOCALが材料を、日本のBEWITHが施工方法を開発。「クルマとオーディオを知り尽くした日・仏の音響専門メーカーのコラボレーションにより、かつてないスマートな走行音静粛化プログラムを完成させた」という。

山崎健太郎

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加