菜々緒 劇場版「セーラームーン」で妖艶ラスボス役声優に「おしおきされる日が来るとは」

菜々緒 劇場版「セーラームーン」で妖艶ラスボス役声優に「おしおきされる日が来るとは」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/17

女優の菜々緒(31)が地球侵略をたくらむ“新月の女王”に声で命を吹き込んだ。25年ぶりの劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」で戦士たちの前に立ちはだかる敵役ネヘレニアを熱演。「まさか自分がおしおきされる日が来るとは」と感慨にふけった。

No image

アフレコに臨む菜々緒(C)武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会)

妖艶でミステリアス。まさにうってつけのラスボス役に心も弾む。渡辺直美(32)演じるジルコニアが仕えるデッド・ムーンの女王だ。幼稚園の頃からのファン。毎日のように友達と“セーラームーンごっこ”に興じていたと明かす。

「毎朝、母親に(ヒロインの)うさぎヘアを作ってもらい幼稚園に出掛けました。気に入らないと一日不機嫌だったそうで」と振り返る。影のある悪女が似合う9頭身のクールビューティー。「これまで培ってきたものを見ていただいていたからこそ依頼が来た悪役の話。セーラームーン愛が引き寄せてくれた。うれしいです」と喜びも格別だ。

「コインの裏表みたいなもので悪役がいるからこそヒーローも光る」と話し、「男の人に頼らなくても、女一人でも戦い、誰かを守っていける。女性が勇気をもらえる作品。期待は裏切りません」と締めた。前編来年1月8日、後編同2月11日公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加