昨年Jr準Vの小塩遥菜が敗退「カットも崩れて」

昨年Jr準Vの小塩遥菜が敗退「カットも崩れて」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/13
No image

全日本卓球選手権ジュニア女子シングルス5回戦 カット打ちする小塩遥菜(撮影・岩下翔太)

<卓球:全日本選手権>◇第3日◇13日◇丸善インテックアリーナ大阪◇男女ジュニアシングルス5回戦など◇無観客

昨年度、女子ジュニア準優勝の小塩(おじお)遥菜(15=JOCエリートアカデミー)が同5回戦で敗退した。

白山亜美(明徳義塾中・高)に1-3。第1ゲームを先取したが、その後は4-11、5-11、5-11と立て続けに落とした。

注目の女子カットマンは「脚があまり動かず、攻撃も良くなかったから、カットも崩れてしまいました。悔しいです」。朝イチ、午前9時半開始の試合が影響したか問われて、無言でうなずいた。

一般のシングルスはシードされ、15日の4回戦から出場する。「相手は大人の人。しっかり粘って頑張りたいです」と気持ちを切り替えていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加