井桁弘恵がドラマ『自由な女神』で主演、”伝説のドラァグクイーン”を武田真治が演じる

井桁弘恵がドラマ『自由な女神』で主演、”伝説のドラァグクイーン”を武田真治が演じる

  • ENTAME next
  • 更新日:2023/01/25
No image

井桁弘恵の主演ドラマ『自由な女神 ―バックステージ・イン・ニューヨークー』が、東海テレビ・フジテレビ系全国ネットにて3月4日(土)から放送が開始される。

【写真】ちょっとディープな上京物語『自由な女神』場面カット【12点】

今作は、「comipo」、「DLsite comipo」、「めちゃコミック」、「コミックシーモア」、「ピッコマ」などで、絶賛配信中の『バックステージ・イン・ニューヨーク』(オーツカヒロキ/forcs 刊)を、ニューヨークから東京に舞台を移しドラマ化。

どこか、地方ならではの倦怠感の中、永遠に続くかのような日常があって、何者でもない自分を変えたくても何が出来るわけでもない…そんな想いを抱えたヒロイン・サチ。そんなサチの前に現れたのは、緑のキラキラロングブーツにピンクのコートを合わせ、真っ赤なウィッグをかぶり、紫やシルバーのアイシャドウを入れたクールミント。――この瞬間、サチの人生が、180度真逆に動き始める。

クールミントは、『最高のオバハン中島ハルコ』『その女、ジルバ』『さくらの親子丼』など、様々なクセがスゴいキャラクターと名言を生み出してきた土ドラが、今回、満を持してお届けする史上最強のクセがスゴいキャラクター。シーンごとに変わるビジュアル、傍若無人にも見える言動だけでなく、ショーを通じてこれまで数千人の人生を変えてきた伝説のドラァグクイーン。

今回、JUDY AND MARY『クラシック』、MAISONdes『ヨワネハキ』、渡辺真知子『迷い道』などに合わせて披露されるショーは、一体どんなスタイルで、どういう人の人生を動かすのか。サチがクールミントのために作るドレスとともに目が離せない。

サチを演じるのは、2022年上半期にブレイクした女性タレントランキング2位の井桁弘恵。雑誌『MORE』の専属モデル、『おしゃれクリップ』のMC、多数のCMにも出演など、業界中が注目するまさにシンデレラガールを地で行く存在だ。

クールミント役は、武田真治。鍛え上げた肉体を持ち、求道者のような生き様の武田が、正月休みを返上しダンスレッスンを重ね、髪も金髪に染め全身全霊でクールミントを体現する。

【あわせて読む】井桁弘恵、カレンダーブック発売記念イベントを開催「表紙は水着だけれどセクシーすぎず、バランスが絶妙」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加