甲府市の遊亀公園附属動物公園で最後のイベント開催 バックヤード見学会やモルモットの命名に行列が出来る程の賑わい

甲府市の遊亀公園附属動物公園で最後のイベント開催 バックヤード見学会やモルモットの命名に行列が出来る程の賑わい

  • UTYテレビ山梨
  • 更新日:2022/09/23

山梨県甲府市の遊亀公園附属動物園で休園前、最後のイベントが行われました。普段見られないバックヤードの公開などに子どもも大人も興味津々です。

【写真を見る】甲府市の遊亀公園附属動物公園で最後のイベント開催 バックヤード見学会やモルモットの命名に行列が出来る程の賑わい

浅川博仁 記者:
ご覧の通り行列ができ、賑わっています。

遊亀公園附属動物園で行われた「アニマルマルシェ」。行列ができるほど人気だったのが…

動物園を訪れた子ども:
テルちゃーんこっち向いて。

普段は見られないゾウのテルちゃんのバックヤードの見学会です。大きな寝床や水飲み場を見て、子どもも大人も興味津々。

動物園を訪れた子ども:
なんかすごいなーって思いました。

こちらも人気です。

今年の4月と8月に生まれたモルモットの赤ちゃんの命名です。

赤ちゃんと触れ合いながら考え抜いて決めた名前は…?

モルモットの名前を考えた女性:
モコちゃんです。モコモコしているので、おしりの辺りがかわいいのでモコちゃんにしました。

モルモットの名前を考えた子:
カノンちゃんにしました。
元気に動き回ってかわいいから。

老朽化に伴う再整備で10月3日から、およそ4年半休園をする遊亀公園附属動物園、しばしのお別れの前に家族連れの笑顔にあふれていました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加