横浜強心臓の1年生・杉山が投打で躍動 秋準V鎌倉学園との接戦制し5回戦進出

横浜強心臓の1年生・杉山が投打で躍動 秋準V鎌倉学園との接戦制し5回戦進出

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/21

◇第103回全国高校野球選手権・神奈川大会4回戦 横浜3―0鎌倉学園(2021年7月20日 相模原)

No image

<横浜・鎌倉学園>2番手で登板し、2回2/3を無安打無失点と好投した横浜・杉山

強心臓の1年生が投打で躍動し横浜を5回戦へ導いた。0―0の7回1死一、二塁で杉山遙希(1年)が2番手で登板。息詰まる投手戦の中、この日最大のピンチにも「準備はできていた。自分が抑えてやろうと」と動じず左飛、遊ゴロに抑える好救援を見せた。

自身の投球で流れを引き寄せると直後の7回2死二、三塁では決勝の2点二塁打。「つなぐという意識で打席に立ちました。最高でした」とベンチへ渾身のガッツポーズを披露した。

昨秋の県大会準優勝の鎌倉学園に対し、堂々の投球で2回2/3を無安打無失点。緊迫した場面で起用も村田浩明監督は「杉山しかいないと思ってマウンド上げて期待通りにやってくれた」。指揮官の信頼は厚く「練習も一番やるし、本当に気持ちの入った選手。これから横浜高校を担っていく貴重な選手」と大きな期待を背負う。

「できるだけ長く先輩たちとやりたい」と杉山。3年ぶりの夏の甲子園を目指すチームに頼もしい新戦力が加わった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加