【欧州CL】初戦から〝金星〟献上マンチェスターUにレジェンドOB2人が警鐘

【欧州CL】初戦から〝金星〟献上マンチェスターUにレジェンドOB2人が警鐘

  • 東スポWeb
  • 更新日:2021/09/15
No image

ワンビサカが一発レッドで退場に…(ロイター)

格下に欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ初戦で敗れたマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)がOBから批判を浴びている。

14日に行われたヤングボーイズ(スイス)との一戦でFWクリスチアーノ・ロナウドが先制点を決めたが、前半35分にDFアーロン・ワンビサカが一発レッドで退場。10人での戦いを強いられ、1―1の後半アディショナルタイムに逆転されて黒星スタートとなった。

敵地とはいえ〝金星〟を献上しただけに、リオ・ファーディナンド氏は英放送局「BTスポーツ」に「ワンビサカの悪いタックルで、試合は完全にひっくり返ってしまったし、ジェシーは大きなミスをしてしまった。自分のゲームに集中しなければならなかった」。退場者に加えて不用意なバックパスで決勝点の〝起点〟となってしまったMFジェシー・リンガードをやり玉に挙げた。

その上で昨季のCL1次リーグのバシャクシェヒル(トルコ)戦に1―2で敗れたことを踏まえて「これはバシャクシェヒルの再来だ」と指摘。アウェーで格下に敗れたという意味で同じというわけ。昨季はこの敗戦が尾を引いて決勝トーナメント進出を逃しただけに、まだ初戦とはいえ警報を鳴らした。

また、ポール・スコールズ氏は同局に「オーレグンナー・スールシャール監督がもう少し早く交代カードを切って流れを変える必要があった」と強調。ただその原因をつくったのはワンビサカの退場劇で「故意ではなかったが、彼は本当に不器用なタックルだった」と批判。その一方でリンガードについては「それがサッカーだし、人はミスをするものだ」と擁護した。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加